2017-04-06

高瀬川一舩入址

御池木屋町を少し上がつた處の高瀨川に一艘の船が浮かんでゐる。これは、伏見から酒や米を運んでくる高瀨舟と呼ばれるもの。この邊りは一舩入と呼ばれ、高瀨舟が碇泊した場所である。かつては舩入は三つあつたさうだが、こゝ以外は埋められてしまつたさうだ。
角倉了以が高瀨川を開鑿してから凡そ三百年、伏見と京の中心を結んだ水運は、現在は役目を終へたけれども、高瀨川は川沿ひの櫻が綺麗なので、今でも人々の往來の多い京の中心には變りない。餘談ですが、高瀨川の水運で用ゐられたから高瀨舟ではなく、高瀨舟が水運で用ゐられてゐるから高瀨川となつたさうですよ。

takasegawa01.jpg

takasegawa03.jpg

takasegawa04.jpg

takasegawa05.jpg

takasegawa06.jpg

takasegawa07.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます