2014-10-31

春日大社

武甕槌命、經津主命、天兒屋根命、比賣神をお祀りする社で古來より藤原氏の篤い崇敬を受けた社。創建は古く、藤原不比等が藤原氏の氏神を當地に祀つたことに始まるとのこと。攝社も多く全部廻ると足が相當疲れるほどである。また、周邊には鹿が多く住んでをり、鹿は春日大社の神使になつてゐる神聖な獸とのこと。
藤原氏の氏神を祀ることから神紋は下り藤である。五月初旬になると春日大社神苑 萬葉植物園の園內に藤の花が咲き誇る。ほんのり甘い藤の花と鮮やかな薄紫の藤波は訪れる者をみな魅了してやまない。この植物園は 昭和天皇 の御下賜金を頂き萬葉集に詠まれた植物を植栽する目的で造園された。そのため、藤を始め多數の品種の花が植ゑられてゐる。萬葉集を片手に古き良き時代を思ひだしつゝ、美しい花を愛でるのもなか/\おつなものだと思ふ。
萬葉集に收められてゐる歌ではありませんが、素性法師の歌で締めくゝりたいと思ひます。

春日野に若菜つみつゝ萬代を 祝ふ心は神ぞ知るらむ(古今和歌集)

kasuga01.jpg

kasuga02.jpg

kasuga03.jpg

kasuga04.jpg

kasuga05.jpg

kasuga06.jpg

閏長月捌日(陰曆)上弦  橘右

2014-10-30

本䏻寺

法華宗本門流の大本山で、山號はない。本尊は三寶尊。
何と言つても、こゝは明智光秀が織田信長公を弑殺した「本䏻寺の變」の舞臺となつた。もつとも、現在の本䏻寺の場所は、逆臣明智が信長公を弑殺した場所から移轉してゐて、當時の場所ではない。變の跡に豐臣秀吉により現在の地に移轉されたとのこと。當寺の緣起を見ると、五囘も燒討ちや失火で堂宇が破壞されてゐる。このやうに度々災難に見舞はれてゐる當寺は、本”䏻”寺の「䏻」は「能」の俗字を使用してゐる。謂れは「ヒ(火)」が「去」るやうにと言ふことださうだ。
總見院、寺町阿彌陀寺にもある信長公のお墓がこゝにも信長廟として建つてゐる。まあ、現在の地は變の起こつた地と違ふことはあるが、當寺で人生の終焉を迎へられたので廟があるのは自然なことでせう。
當寺は京都市役所のすぐ傍ですから、ぷらつと行つてお參りして信長公の遺德を偲んで歸る。なかなかよい週末の過ごし方だと思ふ。近くには和泉式部のお墓もあります。場所は誠心院と言ふお寺で、本䏻寺の前の新京極通りを南に下るとあります。

honnoji01.jpg

honnoji02.jpg

honnoji03.jpg

honnoji04.jpg

honnoji05.jpg

閏長月漆日(陰曆)  橘右

2014-10-29

埼玉縣護國神社

大宮公園の脇に鎭坐する舊指定護國神社で鳥羽・伏見の戰ひ以後の國事に殉じた埼玉縣關係の英靈五萬壹千餘柱を祀る。現在、英靈顯彰に對する關心が靖國神社ばかりに集中してゐるが、招魂社がどのやうにして建立されるに至つたかを理解せず外交の道具として都度內政干涉したり、自身のくだらぬ暴論を展開する人が多い中、全國の護國神社は關心が向けられることがなく、政治論爭に卷き込まれることが少ない。そのため、護國神社は、祭神にとつて靜かで平穩な環境を保つことが出來るのでまあその點だけはよいと言へばよいと思ふ。

saitamagokoku01.jpg

saitamagokoku02.jpg

saitamagokoku03.jpg

saitamagokoku04.jpg

saitamagokoku05.jpg

閏長月陸日(陰曆)  橘右

2014-10-28

氷川神社

東京都・埼玉縣近邊に約二千社ある氷川神社の總本社で、須佐之男命、奇稻田姬命、大己貴命をお祀りする武藏國一宮。創建の頃は古く第五代の考昭天皇の頃とのこと。先代舊事本紀の中の第拾卷「國造本紀」によると出雲の氏族が當地に須佐之男命を奉じて移り住んだとあり、氷川は斐伊川に關聯するとも言はてれゐるやうだ。
當社の攝社の一つの門客人神社には「荒脛巾」の神が祀られてゐるさうだ。念の爲と思ひ公式サイトなどを見ると、門客人神社の祭神は、足摩乳命・手摩乳命になつてゐる。この二柱は奇稻田姬命の御親神である。荒脛巾の神はその實體がよく解らない。蛇などの信仰で所謂蝦夷の神であつたとか、鐵に關聯する神とか言はれてゐる。鐵と言ふ點では、足摩乳命・手摩乳命の二柱と言ふのは興味深いと思ふ。氷川と斐伊川と言ふ點においても興味深い。
明治に入り 明治天皇 が當社を武藏國の鎭守敕祭の社と御定めになられたことから、現在も廣い敷地と威風堂々した社殿が建つ立派な神社である。大宮驛から多少遠いがお參りする方も多い。近くには大宮公園があり、綠ありサッカー場ありで週末の一日に綠やスポーツを滿喫できる場所でもある。

hikawa01.jpg

hikawa02.jpg

hikawa03.jpg

hikawa04.jpg

hikawa05.jpg

閏長月伍日(陰曆)  橘右

2014-10-27

總見院

京都紫野にある大德寺の塔頭で、豐臣秀吉がこゝを織田信長公の菩提寺とした。通常は非公開で、春と秋の短い期間のみ公開される。堂內に、信長公の木像坐像が安置されたゐた。これは、敎科書を始め樣々な書籍にその寫眞が載つてゐるので、一度はご覽になられたこともあると思ふ。この坐像だが、明治の廢佛毀釋の時に當院も法難を受けたが、その先に住職らがこの坐像を本山へ運び難を逃れたと傳わる。その後の昭和三十六年に本山から當院へ再び動坐し、今に至る。昭和三十六年に動坐した時に使用した御輿は本堂から奧の堂宇へ行く廊下に吊るしてある。
信長公の遺骸は本能寺で一切灰と化し發見されなかつたが、こゝにも信長公のお墓がある。公開される時期が短いが、信長公の遺德をしのぶには最適なお寺である。

sokenin01.jpg

sokenin02.jpg

sokenin03.jpg

sokenin04.jpg

▼寫眞では解りづらいですが、この屋根からつるされてゐるのが信長公坐像を運んだ御輿です。
sokenin05.jpg

▼奥にある茶室
sokenin06.jpg

閏長月肆日(陰曆)  橘右

2014-10-26

大德寺

臨濟宗大德寺派の大本山で、山號は龍寶山と稱す。本尊は釋迦如來。紫野に宏大な敷地を有し塔頭の數も大仙院、高桐院、黃梅院、芳春院、總見院など數多くあり、隆盛を極めてゐる。大仙院、高桐院のやうな年中拜觀可能な塔頭と黃梅院や總見院のやうに期間限定で拜觀できる塔頭はあるが、大德寺自體は年中拜觀不可である。
とは言ふものゝ、敕使門、三門、佛殿、法殿の重要文化財は栅で覆われ近くには寄れないものゝ、拜見することは可能で、その立派雄姿を拜むことが出來る。三門は、二層の上の階に千利休が自分の木像を安置した爲、秀吉の怒りを買ひ切腹させられた逸話がある。
敕使門から法殿までの重文の建物や高桐院、雲林院などの塔頭、近くには船岡山があり今宮神社も近い。觀光客が京都への足が遠のく季節にぶらぶらと當寺を散策するのも落ち着いてゐて良いと思ふ。

daitokuji01.jpg

▼この上層部に千利休が自分の木造を置いたと傳はる。大德寺はなにかと茶道に縁がある。
daitokuji02.jpg

▼平康賴の塔。鹿ケ谷の隱謀に加はつたとして島流しにあつた康賴を顕彰して建立された。康賴は、當時の人々から益荒男として評判がよかつた。
daitokuji03.jpg

▼石田三成の墓があるさうだ。拝観謝絶のお寺なので中には入れません
daitokuji04.jpg

daitokuji05.jpg

閏長月參日(陰曆)  橘右

2014-10-25

長岡天滿宮

菅原道眞公をお祀りする社。道眞公が太宰府へ左遷させられた時に、當地に立ち寄り「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名殘を惜しんだとのこと。當地は道眞公の所領があつたさうだ。道眞公の太宰府行きに同行した中小路宗則が、道眞公に託された持念佛や木像を當地で篤く祀つたことが當社の始まりと言はれてゐる。
ちやうどゴールデンウィーク頃になると、八條池付近の植ゑらえてゐる霧島躑躅が咲き誇り、鮮やかなくれなゐ色で周圍を包み込む。こゝは躑躅の名所である。また、その頃になると筍が旬を迎へる。こゝには筍料理で有名な「錦水亭」があり、相當高級なのに連日滿員狀態が續いてゐる。お晝で最低でも一萬二千圓以上する。羨ましい限りである。
そんな話は置いて、天滿宮だから勿論、境內に梅が植ゑられてをり梅の名所になつてゐる。晚冬になると赤や白の花を咲かせ寒さに疲れた人々にもうすぐ春が來る期待を齎す。八條が池には菖蒲や睡蓮が植ゑられてゐるから初夏の頃には池面が紫色の美しい花で染まる。秋は秋で、錦景苑で紅葉を見ることができるので、年中なにかしらの花が咲く美しい境內を持つ社である。
北野天滿宮、上宮天滿宮とこゝをお參りしたので、あとは太宰府だな。

nagaoka01.jpg

nagaoka02.jpg

nagaoka03.jpg

nagaoka04.jpg

nagaoka05.jpg

nagaoka06.jpg

nagaoka07.jpg

閏長月貮日(陰曆)  橘右

2014-10-24

田子の浦 ~寄道歌枕紀行~

田子の浦(たごのうら)は、靜岡縣富士市の漁港。しらすがよく獲れるやうだ。
田子の浦と聞けば、多くの方は子供の頃に學校で百人一首を習つた時に耳にしたあの歌が思ひ浮かんでくるでせう。

田子の浦に打ち出てみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつゝ

因みに、この歌は萬葉集に集錄されてゐる歌で作者は山部赤人である。但し、萬葉集には語句が多少違つてゐる。

田子の浦ゆ打ち出てみれば眞白にぞ 富士の高嶺に雪は降りける

違ふ部分の「ゆ」は動作の起點や經由點を表す格助詞で、「ける」は過去を表す助動詞であり、「つゝ」は繼續を表す助動詞であり、意味が少し違ふ歌になつてゐる。萬葉集のはうは「田子の浦から(見晴らしの良い處へ)出てみると富士山の山頂付近に雪が降つてゐた」と言ふ寫實的な感じに對して、百人一首のはうは「田子の浦に行つて見たら富士山の山頂に雪が降り續けてゐる」と言ふやうになりやゝ觀念的な響きを伴ふ。

それはさておき、現在の田子の浦の樣子は、富士山と浦の間に工場が多數立地してをり、景觀が良いとはとても言へないやうになつてしまつた。折角、公園を整備したのにこれでは、少々殘念であるが、富士の山は今も昔も變はらず美しい姿を見せて吳れてゐる。

▼手前の煙突で富士山が隱れてゐるやうに見える
tagonoura.jpg

tagonoura02.jpg

▼なんとなく殘念な景色である
tagonoura03.jpg

▼この上に上がると景色が大きく開ける
tagonoura04.jpg

tagonoura05.jpg

tagonoura06.jpg

tagonoura07.jpg

閏長月壹日(陰曆)新月  橘右

2014-10-23

修善寺

曹洞宗に屬するお寺で、山號は福地山、正式名稱は福地山修禪萬安禪寺である。本尊は、大日如來。
開基が空海と言はれてをり、山門前の川に空海が獨鈷で掘つたとの言ひ傳へのある獨鈷の湯がある。空海が開基であることから、當初は眞言宗であつたが、その後に臨濟宗になり、更に曹洞宗へ改宗してゐる。
當寺は修善寺溫泉の象徵的なお寺であり、當寺の付近には、源範賴、源賴家の墓や指月殿、竹林の小徑など見どころの多いお寺である。

▼獨鈷の湯
syuzenji01.jpg

syuzenji02.jpg

syuzenji03.jpg

syuzenji04.jpg

▼指月殿
syuzenji05.jpg

▼修善寺川と靑もみぢ
syuzenji06.jpg

▼源範賴の墓
syuzenji08.jpg

▼源賴家の墓
syuzenji09.jpg

長月參拾日(陰曆) 橘右

2014-10-22

守山八幡宮

北條時政が源賴朝の爲に奧州征伐の戰勝祈願した願成就院の裏手にある社で、源賴朝が源氏再興の狼煙を擧げた場所と傳はる。近くには賴朝の流刑地である蛭が小島の地がある。賴朝が大凡住んでゐたと思はれる場所は今、銅像の立つ公園となつてゐる。
境内は、山の斜面を利用して建てられてをり、本殿まで行くのは大變だつた。而も、本殿が改修中で足場が組んであつて、少し殘念な景色であつた。折角登つたのに・・・。但し、人氣(ひとけ)のない境内は緑も深く静寂に包まれてゐたので、氣持ちよくお參りが出來た。やはり、寺社佛閣は氣持ちも穏やかで靜ずかにお參りしたい。

moriyama01.jpg

moriyama02.jpg

moriyama03.jpg

moriyama04.jpg

moriyama05.jpg

moriyama06.jpg

長月貮拾玖日(陰曆) 橘右
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます