2017-05-21

骨波田の藤

濡れつゝぞしひて折りつる年の內に 春はいくかもあらじと思へば(古今133春歌下:業平朝臣)

歌意:濡れながらも無理して折りましたよ。今年のうちに春は幾日もないと思ひましたので。この折つた花は藤。と言ふのは詞書にかう書いてあるから。「やよひのつごもりの日、雨の降りけるに、藤の花を折りて人につかはしける」。女性に藤の花を贈つたのであらうか。なほ、伊勢物語にも同じ歌が載る。段數は、八十。伊勢物語では「彌生のつごもりに、その日、雨そほ降るに、人のもとへ折りて奉らすとてよめる」と書かれてゐる。

さて、藤の花。咲くと綺麗ですよね。香りも良いし。今日、ご紹介の場所は「骨波田の藤」。
武藏七黨の兒玉黨の本據である埼玉縣本庄市兒玉にある長泉寺の境內に植ゑられてゐる藤は、紫長藤と言ふ品種で、樹齡がなんと六五〇年。櫻は樹齡を重ねると早咲きになるさうですが、骨波田の藤は遲咲きのやうでちやうとゴールデンウイークが終はつた頃に見ごろを迎へる。今年は、ゴールデンウイークの翌週の木曜頃に滿開になつたさうだ。然し、土曜日に雨が降つてしまつたので、日曜に行つたら咲いてゐたことは咲いてゐたが、雨で花が落ちてしまつてゐた。雨に濡れる藤の花は綺麗であつたが、全體的にみると盛りが少し過ぎてしまつたやうにみえ、少々殘念であつた。

雨に濡れる藤の花。だから、冒頭の歌から初めてみました。

kopada01.jpg

kopada02.jpg

kopada03.jpg

kopada04.jpg

kopada05.jpg

kopada06.jpg

kopada07.jpg

kopada08.jpg

kopada09.jpg

kopada10.jpg

kopada11.jpg

kopada12.jpg

kopada13.jpg

kopada14.jpg

kopada15.jpg

▼本庄市は「はにぽん」。TAKATSU-KINGのお馴染みは「はにたん」。
村上よ、あまり全國區で高槻の變なことを言ふのはよせ。高槻市民はチェリオばかり飲んではゐないぞ。
kopada16.jpg

2017-05-19

町田ぼたん園

東京都町田市野津田町にある公園で、花菖蒲、紫陽花、蓮が綺麗な公園である野津田の藥師池公園から步いて少々の場所にある。たぶん、飛び地になつてゐるんだらう。
ぼたんの品種や本數が多くぼたんの名所となつてゐる。

machibota01.jpg

machibota02.jpg

machibota03.jpg

machibota04.jpg

machibota05.jpg

machibota06.jpg

machibota07.jpg

machibota08.jpg

machibota09.jpg

machibota10.jpg

machibota11.jpg

machibota12.jpg

machibota13.jpg

▼このお花はなんだらうか?
machibota14.jpg

▼石楠花と牡丹。
machibota15.jpg

▼こちらは石楠花です。
machibota16.jpg

▼藤も咲いてをりました。
machibota17.jpg

machibota18.jpg

machibota19.jpg

machibota20.jpg

2017-05-03

群馬県立躑躅ヶ丘公園

昨年のゴールデンウィークにも訪れましたが、あの時は旣に盛りが過ぎて美しくなかつた。そんなことで、今年こそはと言ふことで、二たび訪れました。やつた!綺麗に咲いてゐた。

29tsutsuji01.jpg

▼お天氣が良いです二ャ。
29tsutsuji02.jpg

29tsutsuji03.jpg

29tsutsuji04.jpg

29tsutsuji05.jpg

29tsutsuji06.jpg

▼藤も咲いてゐた。藤かあ。春日大社の萬葉植物園の藤は綺麗だつたな。
29tsutsuji07.jpg

▼植物は不思議だ。一つの木に色々な色が混ざつてゐる。枝だけぢやなく花弁でもさうだ。
29tsutsuji08.jpg

29tsutsuji09.jpg

29tsutsuji10.jpg

29tsutsuji11.jpg

29tsutsuji12.jpg

29tsutsuji13.jpg

▼館林と言へば、「狸」。その話は後ほどで。
29tsutsuji14.jpg

29tsutsuji15.jpg

▼葉だけを見ると石楠花かと思ひました。が、これも躑躅ださうです。
29tsutsuji16.jpg

▼お辻の話も後ほどで。
29tsutsuji17.jpg

29tsutsuji18.jpg

2017-04-22

野土山

長瀞には櫻の名所が澤山あります。撫子で有名な不動寺付近の櫻はまだ三分と言つた感じですが、その手前にある野土山の櫻は多くはないですが一樣に滿開でした。

notsuchiyama01.jpg

▼まづは腹ごしらへ。秩父と言へば「わらじかつ」
notsuchiyama17.jpg

▼秩父と言へば「味噌豚」も有名。こちらはわらじかつと味噌豚丼。
notsuchiyama18.jpg


▼野土山へは寶登山神社の參道を通ります。
notsuchiyama02.jpg

notsuchiyama03.jpg

notsuchiyama04.jpg

notsuchiyama05.jpg

▼さて、野土山へとまゐりませう。
notsuchiyama06.jpg

notsuchiyama07.jpg

notsuchiyama08.jpg

notsuchiyama09.jpg

notsuchiyama10.jpg

▼山頂はこんな感じです。
notsuchiyama11.jpg

notsuchiyama12.jpg

▼三つ葉躑躅が咲いてゐました。
notsuchiyama13.jpg

▼う~ん、ボケて映つてゐる。殘念。
notsuchiyama14.jpg

▼下から見た野土山。
notsuchiyama15.jpg

▼同じ場所から見た寶登山。さつきの野土山よりも遠いので低く見えますが、寶登山のはうが遙かに高いです。
notsuchiyama16.jpg


本日の月齢:25.0 舊歷:三月二六日 

2017-04-21

長瀞の桜

長瀞は埼玉の北端と言ふのは言ひ過ぎかもしれないですが、北部に位置するのは確かです。と言ふことで、まだ咲いてゐ櫻を追つて長瀞まで足を運びました。長瀞までは、寄居まで東武東上線で行き、秩父鐵道に乘り換へて長瀞驛まで行きました。電車の旅と言つても良い程の長旅でした。
ついてみたら、咲いてゐましたね。都內はもう葉櫻になつてをり、東上線の途中で車窻から見える朝霞付近の黑目川、柳瀨川驛付近の柳瀨川の櫻竝木も殆ど散つてしまつてゐるにも拘はらず、長瀞はまだ咲いてをりました。ちやうど散りだした頃合ひで、滿開の花びらが風に搖られてはら/\と落ちる樣が雪のやうで美しい光景でした。

▼秩父鐵道の野上驛から出發します!
nagatorosakura01.jpg

nagatorosakura02.jpg

nagatorosakura03.jpg

▼この時季になりますと、東武東上線や秩父鐵道の中はハイキングをする人で一杯。そのなか、こゝ出店するとは、なか/\考へてゐますね。
nagatorosakura04.jpg

nagatorosakura05.jpg

▼このお花は馬醉木。毒があります。馬が食べると醉ふほど毒が廻るから「馬醉木」と書く。
nagatorosakura06.jpg

nagatorosakura07.jpg

nagatorosakura08.jpg

nagatorosakura09.jpg

▼このお花は櫻ぢやないかな。桃のやうに見えます。
nagatorosakura10.jpg

▼櫻の隧道ですね。
nagatorosakura11.jpg

nagatorosakura12.jpg

本日の月齢:24.0 舊歷:三月二五日
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます