2018-04-19

城前寺

さて本日より數囘は仇討で有名な曾我兄弟の所緣の地を梅を見ながら廻つた時のことを書いてみようと思ふ。その前に曾我兄弟の仇討とは?
色々名前が變るのでなか/\に面倒な話ですが、簡單に言ふと曾我祐成と時致と言ふ兄弟が源賴朝主催の冨士の卷狩りで親の徒である工藤祐經を討つたと言ふことです。難しいのは曾我祐成と時致の親の名は河津祐泰で曾我と言ふ名前ではないことと、富士の卷狩りで工藤祐經を討つた後になぜか弟の時致が賴朝の寢所を襲はうとしたことである。
まづ、曾我祐成・時致の兄弟の親が河津と言う姓であると言ふのは、河津祐泰の妻が再婚したからである。再婚先は曾我祐信。曾我梅林のある小田原の曾我に住んでゐた。で、兄弟は曾我祐信の養子となつたので河津ではなく曾我を名乘つた。かう言ふ次第で曾我兄弟が河津祐泰の仇である工藤祐經を討つたと言ふことになつた。
次に曾我兄弟の弟がなぜ源賴朝の寢所を襲はうとしたのか。こちらは諸說入り亂れ定說はないやうだが、河津祐泰の親である伊東祐親と賴朝は多少なりの因緣があるやうだ。源賴朝は平治の亂で敗れ、捕へられたが池禪尼の執成しで死罪を免れ伊豆に流される。流された伊豆で北條時政の娘(政子)と出逢ひ結婚するのだが、その前に伊東祐親が在京中にその娘と通じたさうで、伊東祐親は平氏への體面を考へて賴朝を殺害しようとしたさうだ。こちらは伊東祐親の次男の伊東祐淸の機轉により賴朝は難を逃れた。後年、伊東祐親は所領爭ひをしてゐた工藤祐經に伊豆の奧野の狩場で矢を射かけられ襲はれる。その時に伊東祐親は難を逃れたが嫡男の河津祐泰は流れ矢に當り絕命した。
これだけでは曾我兄弟の弟が賴朝の寢所を襲ふ理由はないが、一說では賴朝はかねてより前述の件で恨みを持つてをり工藤祐經を焚き付けて伊東祐親を殺さうとしたのではといふ疑惑があるさうだ。で、更に付け加へると曾我兄弟の弟の名は時致(ときまさ)で烏帽子親は北條時政。賴朝の興隆を陰ながら面白くないと考へてゐた北條時政が曾我兄弟を密かに養ひ、工藤祐經を討つ振りをして賴朝を亡き者にしようと企んだと言ふ。眞僞のほどは定かではありませんが、曾我時致が賴朝の寢所を襲ふ理由としては引き込まれるものがある說だ。因みに賴朝の死因は不明。賴朝の事を詳しく語つてゐる吾妻鑑では賴朝の死が拔け落ちて語られてゐない。なにか陰謀があつたのでは勘ぐりたくなる。
と言ふのが曾我兄弟の仇討を略したものですが、今日、ご紹介のお寺は城前寺と稱します。城前と言ふ寺號ですが、お城の大手門付近に建てられたからださうでお城は曾我城(と言つても武家屋敷程度のものであつただらう)、さう曾我祐信の居城があつたさうです。さう言ふ因緣でこちらのお寺は曾我兄弟の菩提寺となつた。

jozenji01.jpg

jozenji02.jpg

jozenji03.jpg

jozenji04.jpg

jozenji05.jpg

jozenji06.jpg

jozenji07.jpg

▼「アンパンマンとばいきんまん」と「トロとクロ」。竝びは、さうね。
jozenji08.jpg

2018-03-30

掃部山公園

橫濱櫻木町驛の近くの高臺にある公園。この公園の一際高い所にとある銅像がある。束帶を着用し港を睥睨してゐるこの人物は、井伊直弼。彥根藩主の井伊直弼である。なぜ、井伊直弼が橫濱に?
初めはその關聯を見出せなくて疑問に思つたが、こゝは橫濱。橫濱が開港された經緯を考へると「あつ、さう言ふことか」と理解出來た。さうです、違敕を犯し開國を推し進めた人物と言へば井伊直弼。井伊により開かれたのが橫濱。つまり井伊直弼の働きにより橫濱の今がある譯です。
因みに、こゝに井伊直弼の銅像が建つたのは明治四二年ださうでこの年は橫濱開港五十周年。山縣有朋、伊藤博文、松方正義、井上馨は銅像建設に反對したさうだ。まあさうだろうな。西鄕や勝、山岡、坂本ならいざ知らずこの面子ぢやしやうがない。
では、誰が井伊直弼の銅像を建てたのかですが、彥根藩士です。明治一七年に舊彥根藩士がこの土地を買ひ取り井伊家に進呈したとのこと。違敕を犯した(それは重大な罪だが)が結果を見れば開國した譯ですので、彥根藩士たちはあの一件(櫻田門外の變)に對する思ひはあつたでせう。鳥羽伏見では親藩ですが早々に官軍に加はつてゐる。維新に貢獻したと言ふ自負があつたと思ひます。そして藩士達は常に違敕の件や櫻田門外の變を指されて嫌な思ひをしてもゐたでせう。井上や山縣に反對されたら意地でもと思つたのではなからうか。
現在は、井伊直弼が港を睥睨するには周圍に高層の建物が建ち過ぎてゐるが、井伊直弼の無念と彥根藩士の意地を糧にして咲く櫻は一際美しい。

▼みなとみら驛から步いて掃部山公園までまゐりましたが、途中で面白い所があつたのでしばし寄り道を。
kamonyama01.jpg

kamonyama02.jpg

kamonyama03.jpg

▼さて掃部山公園に到着です。
kamonyama04.jpg

kamonyama05.jpg

kamonyama06.jpg

kamonyama07.jpg

kamonyama08.jpg

kamonyama09.jpg

kamonyama10.jpg

kamonyama11.jpg

kamonyama12.jpg

kamonyama13.jpg

kamonyama15.jpg

kamonyama16.jpg

kamonyama17.jpg

▼おそらく噴水かと思はれる。
kamonyama18.jpg

▼裏に廻ると「明治四十二年 子爵井伊直安寄附」と書いてあつた。井伊直安は直弼の實子で彦根ではなく越後餘板藩の最期の藩主。
kamonyama19.jpg

▼櫻木町の驛前のビルにて晝食。港の眺めがよかつた。
kamonyama20.jpg

kamonyama21.jpg

2018-03-28

西郷山公園と菅刈公園

目黑にある西鄕の弟である從道の邸宅があつた場所にある公園。西鄕山公園の方が有名で、西鄕山公園の說明では「從道が隆盛の爲に土地を購入したが、西南戰爭で隆盛が他界したことから從道自身の別邸として利用した。」とある。が、實際は西鄕山公園に邸宅があつた譯ではなく隣の菅刈公園の方にあつた。
現在、菅刈公園の方には邸宅の庭の遺構を復元した日本庭園があるが、建物はない。この建物は愛知縣にある明治村に移設したさうだ。

▼西鄕山公園へは中目黑驛で降りましたので、目黑川沿ひを步いてみました。
saigoyama01.jpg

saigoyama02.jpg

saigoyama03.jpg

saigoyama04.jpg

▼西鄕山公園に到着。
saigoyama05.jpg

saigoyama06.jpg

saigoyama08.jpg

saigoyama09.jpg

▼續いて菅刈公園へ。こちらの公園に西鄕從道の邸宅がありました。
saigoyama10.jpg

saigoyama11.jpg

saigoyama12.jpg

saigoyama13.jpg

saigoyama14.jpg

saigoyama15.jpg

▼歸る途中で古墳を發見!
saigoyama16.jpg

▼この邊りに鎌倉街道が走つてゐたさうだ。
saigoyama17.jpg

saigoyama18.jpg

saigoyama19.jpg

saigoyama20.jpg

saigoyama21.jpg

2018-03-25

えつ???

う~む。なんと言へば良いのでせうか。
西郷曰く、斉彬についで影響を受けた人は藤田東湖らしいのですが、なんと大河では肖像畫とこのトロクロが映つてゐる標柱の寫眞だけ。
えゝつ!(驚)
氣を取り直してと言ひたい所ですが、なんといふのでせうか、今年は櫻の開花が早すぎて予定が狂ひ、あゝ季節感が・・・。
梅の花の話もしたいし、急遽咲きましたが櫻の名所も話したいし(汗)
まだ/\、クロの旅は續いてまゐります。
koishikawa11.jpg
IMG_1415.jpg

2018-03-22

愛宕神社

港區の地下鐵の神谷町驛の近くに鎭坐する愛宕神社もまた西鄕と勝の會見の地だとされてゐる。三田の薩摩藩邸で江戶城の無血開城と德川慶喜の處遇について話あつてゐる時に勝が西鄕を誘つて愛宕神社の階段を上つたさうだ。愛宕神社は港區として珍しい自然の山(山といつても標高は二十數米だけど)であり、高層ビルのなかつた當時はとても見晴らしがよかつたさうだ。勝はこの江戶を一望できる愛宕神社に西鄕を連れ出して、目の前に幾多の人々が暮らしてをり燒け出された時の民の苦難を肌で感じさせやうとした。
西鄕が愛宕神社の境內でどう感じどう考へたかは判りませんが、勝との會談で無血開城の折り合ひがつき、江戶の町は火の海に包まれることを避けることが出來た。
なほ、愛宕神社は櫻田門外の變が起こる前に水戶藩士がこゝにお參りをしたと言はれてゐる。

atagojin01.jpg

atagojin02.jpg

atagojin03.jpg

atagojin04.jpg

▼これはこけると大變ですな。心して登りますか。
atagojin05.jpg

▼曲垣平九郎の出世梅とご本殿。
atagojin06.jpg

atagojin07.jpg

▼西郷、勝の會談の頃とは風景が變りましたね。ビルが濫立して江戸の一望など望むべくもない。
atagojin08.jpg

▼櫻田門外の變の前に水戸藩士がこちらで願掛けをしたさうだ。
atagojin09.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます