2017-11-21

龍潭寺

臨濟宗妙心寺派に屬し山號を萬松山、寺號を龍潭寺と稱す。本尊は虛空藏菩薩。開基は行基とのこと。當初は「地藏寺」と稱したさうだ(と言ふことはご本尊は地藏菩薩だつたのだらう)が、井伊家初代の井伊共保が葬られた時に自淨寺と改められたとのこと。寺號は共保の法名から取られた。月日が流れ、井伊直盛が葬られた時に直盛の法名を取つて「龍潭寺」と更に改稱した。
また、南溪瑞聞や傑山宗俊、昊天宗建等「おんな城主直虎」に登場する僧達が住職を務めた。境內には、お靈屋があり歷代の井伊家の當主の位牌や小堀遠州のお庭等があり井伊谷の觀光名所になつてゐる。それ以外にも、祐椿尼が餘生を過ごした松嶽院の跡や井伊直政と母が植ゑた椥の木が植ゑられてゐる。この椥の木はドラマで虎松と母のしのが植ゑてゐたあの木です。あれ、史實だつたさうで、トロとクロがご本尊の虛空藏菩薩樣に手を合はせてゐたら、ボランティアの方が手招きして「ご本尊をちやんとお參りして下さつたので、色々、境內の說明をさせて下さい」と仰られ、敎へて戴きました。史實だつたんですね、吃驚しました。
井伊谷で一番人氣の觀光名所で團體の觀光客が溢れかへつてをりましたが、椥の木や小堀遠州のお庭、井伊家やその重臣の墓所など見所滿載ですので、やはり井伊谷に行つたら外せない名所ですね。

ryotanji01.jpg

ryotanji02.jpg

ryotanji03.jpg

ryotanji04.jpg

ryotanji05.jpg

▼こちらの左手の木が虎松としの(史實ではひよ)が植ゑた椥の木。
ryotanji06.jpg

▼祐椿尼(井伊直盛室)が餘世を過ごした庵の址。
ryotanji07.jpg

ryotanji08.jpg

ryotanji09.jpg

ryotanji10.jpg

ryotanji11.jpg

ryotanji12.jpg

ryotanji13.jpg

ryotanji14.jpg

ryotanji15.jpg

ryotanji16.jpg

▼小堀遠州作のお庭。
ryotanji17.jpg

▼奥に見える建物はお靈屋。
ryotanji18.jpg

ryotanji19.jpg

ryotanji20.jpg

▼左が直盛、右は初代の共保。龍潭寺は、直盛から始まるお寺なので正面に陣取つてゐる。
ryotanji21.jpg

▼井伊氏累代墓所
ryotanji22.jpg

▼右から二番目が直虎で、その隣が直親。感慨深い配置ですな。
ryotanji23.jpg

ryotanji24.jpg

▼小野玄蕃墓所
ryotanji25.jpg

▼解りづらいですが、眞中の低めの塔が竝んでゐるのは、桶狭間戰歿者の供養塔。
ryotanji26.jpg

▼氣に入らないかもしれませんが、墓所の奥の一等地に近藤康用の墓所があります。しかもこんなに立派なのが。
史實の近藤樣は、あんなに厭な奴ではありませんでした。三方原の戰ひで荒廃した井伊谷や龍潭寺の復興に盡力したと思はれます。しかも、家康の遠江侵攻時には相當な高齢に加へ槍働きで拵へた疵の爲に歩行困難になつてゐたさうで、家康の遠江侵攻時は子の秀用が參加してゐたさうですよ。
ryotanji27.jpg

ryotanji29.jpg

▼ボランティアの方から「良い猫だね、これあげる」と言はれました二ャ。中には椥の葉が入つてゐます二ャ。
ryotanji30.jpg

2017-11-19

井伊谷宮/宗良親王墓所

明治五年に創建された建武中興十五社の一社で宗良親王をお祀りしてゐる。
宗良親王は、後醍醐天皇の第四皇子で足利高氏が後醍醐天皇に弓を引いた後、井伊谷の井伊氏を賴り當地で高師泰・仁木義長らと對峙、高師泰・仁木義長らに井伊谷を攻め落された後は越後、越中、信濃等を轉々とし正平六年(一三五一年)に鐮倉に入り征夷大將軍に任命された。然しながら程なく北朝側に鐮倉を奪はれ信濃等を轉戰したのち、吉野の長慶天皇の元に戾り餘生を過ごし、元中二年(一三八五年)に井伊谷で薨去されたとされる。
井伊谷宮の本殿の裏には宗良親王の御墓がある。

▼トロ、クロの先に見えるお店。井伊谷宮へのお參りは、朝から降る雨が少しやみさうな感じになつたころで、しかもお昼時。
その爲、雨宿りを兼ねて、この先のお店で昼食を取つた。こちらの浜松餃子はとても旨かつた。
iinoyagu01.jpg

iinoyagu02.jpg

iinoyagu03.jpg

iinoyagu04.jpg

▼宗良親王は生涯に澤山の御歌をお詠みになれた。
iinoyagu05.jpg

iinoyagu06.jpg

iinoyagu07.jpg

iinoyagu08.jpg

iinoyagu09.jpg

iinoyagu10.jpg

iinoyagu11.jpg

▼拜殿
iinoyagu12.jpg

▼井伊社
iinoyagu13.jpg

iinoyagu14.jpg

iinoyagu15.jpg

▼井伊社のご本殿の裏に宗良親王の御墓があります。
iinoyagu16.jpg

iinoyagu17.jpg

iinoyagu18.jpg

2017-11-17

妙雲寺/井伊直虎墓所

元龜三年(一五七三年)に發生した三方ヶ原の戰ひの後の井伊氏はどうなつたのか。文獻があまりないので詳細は不明であるが、信玄が沒した後は德川家康が徐々に遠江の所領を奪ひ返したやうだ。
武田から井伊谷を奪ひ返した後、直虎は何をしてゐたのか。還俗して農婦となつてゐたと言ふのはフィクションだが、恐らく落飾して尼となつたと思はれる。直虎は濱松に移つり住んだとも、祐圓尼と名乘り母の祐椿尼と松嶽院で餘生を過ごしたとも言はれる。現在、井伊谷には妙雲寺と言ふお寺がある。こちらのお寺は祐圓尼の菩提を弔ふ爲に建立されたとされ、堂內には祐圓尼と南溪瑞聞の位牌があるさうだ。敷地の外に井伊直虎の墓とされる場所がある。建立當初は妙雲寺の境內だつたが、恐らく明治の廢佛毀釋で境內が削られたので境外になつてしまつたのだらう。

myounji01.jpg

myounji02.jpg

myounji03.jpg

myounji04.jpg

▼妙雲時は基本非公開のお寺です。柵の外から失禮しました。
myounji05.jpg

myounji06.jpg

myounji06.jpg

myounji07.jpg

▼妙雲時の裏手に廻り、この白い倉庫のやうな建物の脇を步るきます。
myounji08.jpg

▼少し前までは雨ざらしだつたさうだ。ドラマの放映に合はせて整備したやうだ。
myounji09.jpg

2017-11-15

天白磐座遺跡

凡そ四世紀頃までさかのぼる事が出來る古代祭祀場の遺跡。眞直ぐ伸びた巨木と巨大な石が織りなす神祕的な場所であつた。案內板によると渭伊神社と關聯があつたさうだ。渭伊神社は現在龍潭寺があるところからこちらに遷坐する際にこの磐坐の傍を撰んだと言ふことなのかな。
四世紀頃から平安期までどのやうな祭祀をしてゐたのか想像もつかないが、この場所はとても神祕的なところだつた。まあ、磐坐が目の前にある譯ですからね、神祕的な筈ですね。

tenpakuiwakura01.jpg

tanpakuiwakura08.jpg

tenpakuiwakura02.jpg

tenpakuiwakura03.jpg

▼ご本殿の裏手に遺蹟があります。
tenpakuiwakura04.jpg

tenpakuiwakura05.jpg

tenpakuiwakura06.jpg

▼神々しくて恐れ多いので、寫眞は一枚だけにしました。
tenpakuiwakura07.jpg

2017-11-11

渭伊神社

玉依姬命、品陀和氣命、息長足姬命をお祀りするお社。創建の頃は不明ださうだが、元々は現在龍潭寺がある所に鎭坐してゐたさうで、南北朝の戰亂の頃に現在の鎭坐地に遷坐したとのこと。南北朝の頃に當地に遷坐されたと言ふことで、このお社の裏の山にある天白磐坐遺跡とは祭祀としての關聯は恐らくないのだと思はれる。このお社、元々龍潭寺のあるところに鎭坐と言ふことで、井伊家發祥の井戶はこのお社の御手洗だつた。さう、このお社は井伊谷八幡宮と稱してゐたが、いつのころからか渭伊神社と改稱した。渭と言ふのは支那にある川の名前でそこから水が流れることがイメージされる字になつてゐるさうだ。龍潭寺のところに鎭坐してゐた時は水が豐富なお社だつたのかもしれない。
境內にある祭神の案內板を見て興味を持つたのは「モロード樣」である。「モロード樣」?????初めて聞いた。で、調べてみる「客人(まらうど)注)現代假名遣ひでは(まろうど)」のことらしい。客人神らしい。そのモロード樣の下に「伊豆社」とあり括りが別になつてゐる。モロード樣と伊豆社は同じなのか別なのかこの案內板をみる限りではよく解らない。而も祭神が瓊瓊杵尊。瓊瓊杵尊と言ふことは天饒石國饒石天津彦火瓊瓊杵尊でつまり天孫降臨された神樣であり、皇室の皇祖神だ。いや/\、客人ではないだらう。伊豆神社だがこれは熱海に鎭坐する「伊豆山神社」のこと?伊豆山神社の祭神は、天忍穗耳尊、拷幡千千姬尊、瓊瓊杵尊ですので、伊豆社と瓊瓊杵尊とは接點がある。このお社は八幡大神をお祀りしてゐたが、後に伊豆山神社を勸請したと言ふことで客人なのか?
井伊直虎で湧く井伊谷の中でその境內は靜寂そのものであつた。その靜寂さがモロード樣の謎を深めてゐるのか、とても神祕的なお社であつた。

iijinja01.jpg

iijinja02.jpg

iijinja03.jpg

iijinja04.jpg

▼御神木
iijinja05.jpg

iijinja06.jpg

iijinja07.jpg

プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます