2018-04-09

塙保己一記念館

塙保己一、澁澤榮一、荻野吟子と言へば埼玉三偉人とのことです。澁澤榮一は日本の產業の父として有名ですが、塙保己一と荻野吟子は他縣育ちの僕は不案內でした。然し乍、保己一は紛れもない埼玉を代表する偉人であらう。
塙姓を名乘る前は荻野姓だつたさうで記念館の揭示によると小野篁を祖に持つ橫山氏から分家したとあつたので、元々は橫山黨だつたのだらう。記念館のある場所は本庄市兒玉町なので兒玉黨の本據附近だつたと思はれるが、いつの頃か移住して來たのだらうか。
さて、保己一ですが七歲で失明し、十五歲で江戶に出て盲人一坐の雨富須賀一の弟子となつた。その後、荻原宗固や賀茂眞淵などからも敎へを受けた。賀茂眞淵の弟子と言ふ事で古事記硏究で有名な本居宣長と兄弟弟子と言ふことである。
保己一の功績は、「群書類從」を編纂したことと、「和學講談所」を開設したことである。この事により我が國の國學の發展に大きく寄與した。「群書類從」とは、一二七三種五三〇卷六六六册からなり我が國の古書を蒐集・編纂したもの。我が國の書き物がこゝで一つに纏められたと言つてもよいだらう。
保己一のおかけで我々は貴重な書物が散佚せずに濟んだ。正に埼玉が誇るべき偉人である。

hokiichikinen01.jpg

hokiichikinen02.jpg

hokiichikinen03.jpg

hokiichikinen04.jpg

hokiichikinen05.jpg

2018-04-01

三溪園

本日、四月一日はなんの日でせうか。「エイプリルフール」ではなくて、ハセツネ30kが開催される日です。橘右はハセツネ30kに出走しました。(※この記事を書いてゐる日はその前です)
すみません。餘りにも疲れ果ててゐると思はれます。いつもご訪問下さつてありがたうございます。本日は、恐らくお邪魔出來ないほど疲勞困憊だと思はれます。すみません。

で、今日の投稿は掃部山公園にまゐりましたので、少し足を延ばして三渓園までまゐりました。
大變失禮な話ですが、「原富太郞、生絲でボロ儲けしたんだな」と言ふのが最初の印象。と言ふのは秀吉とか德川賴宣とか春日局とか伊藤博文とかの名がポン/\と出過ぎで、豐富な資金で各地の名建築を買ひ漁つたと言ふ風な事が浮かんだからです。特に寺院のお堂の移築が多くあり金に言はせて卷き上げたのかと。と言ふのも建築物はその建物の中でなにかしらの役割があつた譯で、その一部を拔き取つて寄せ集めたら建物の機能面が毀損するのではと思つたからです。
たゞ、三溪園の地形を上手く利用して建物を移築したなとも思ひました。もとあつた場所の庭や地形まで拔き取つて來たのかも。廢寺から持つて來たお堂は廢佛毀釋の中、こちらに移築したからこそ毀されずに濟んだのだらう。廢寺なら尙更だ。德川家の邸宅は明治政府に接收され取り壞される運命だつたのかもしれない。さう言ふ建物がこちらに集められ、今日まで姿を保つことが出來たのは金持ちの道樂と言ふだけは片付けられない。文化財保護に對する貢獻度は極めて高い。建物だけぢやくて四季折々の花も樂しめる。櫻だけとか牡丹だけとと言ふ一點に特化してはゐないので年中何かしらの花を樂しむ事が出來る。まるで勸修寺のやうだ。
三溪園。また來たいと思つた。

sankeien01.jpg

sankeien02.jpg

sankeien03.jpg

sankeien04.jpg

sankeien05.jpg

sankeien06.jpg

sankeien07.jpg

▼聴秋閣。二條城内にあつた建物。德川家光が上洛するときに利用。その後春日局に渡る。
sankeien08.jpg

sankeien09.jpg

▼馬酔木ですね。春だな。
sankeien10.jpg

▼射干も咲いてゐた。早いなまだ三月なのに。
sankeien11.jpg

▼秀吉から藤堂高虎に渡つた手水鉢。
sankeien12.jpg

▼千利休が襲はれた時に身代はりとなつたとのこと。
sankeien13.jpg

▼「初音」にすぐ反應するんだから。
sankeien14.jpg

sankeien15.jpg

▼毀れた建物もあります。こちらは松風閣があつたところ。關東大震災で倒潰した。
sankeien16.jpg

▼横笛庵。横笛は滝口入道と横笛の悲愛の横笛。この庵の中に横笛の像があつたさうだが、空襲で毀れた。戰爭犯罪とはまさにこの無差別爆撃の事だ。
sankeien17.jpg

sankeien18.jpg

sankeien19.jpg

sankeien20.jpg

▼嵯峨野には「滝口寺」と言ふ滝口入道所縁のお寺があります。そのお寺の隣は祇王寺。苔が綺麗なお寺です。
そしてこの寫眞は三渓園。こちらの苔も良い感じですね。
sankeien21.jpg

2018-01-11

大山寺と阿夫利神社

昨年は、十一月に入りましたら急に寒くなりましたよね。十一月の中旬に紅葉をみようと思ひ立ち、今年の三月に出走した大山登山マラソンの舞臺となる大山をハイキングを兼ねて紅葉がりに出かけました。
住んでゐる場所から大山まではそれなりに遠いので朝早くに家をでました。家を出た時は雲一つない快晴。小田急に乘つてゐる時は、ちやうど進行方向の左は雲に覆はれ、右手は雲一つない快晴と言ふ珍しい光景が廣がつてをりました。なか/\お目にかゝれない珍しい光景で面白いと感じたと共に、なんとなく嫌な豫感がしたのも事實です。と言ふのも雲の行先によつては大山の山頂が曇るかもしれない。さうなると寒い。一抹の不安を抱へながらも伊勢原驛に到着しました。
バスに乘り大山ケーブル驛に到着。こゝから步いて大山寺、阿夫利神社の下社經由、山頂を目指しました。約半年以上前に辛い思ひをして登つた坂。步いてゐても何氣に辛い坂だつた。こんなところを走るなんて狂氣の沙汰だよなと思ひながらも旣に來年の大會にエントリ濟みなんですよ、馬鹿ですね、全く(笑)
さて、大山ケーブルカーの驛に到着、こゝから男坂と女坂に分かれます。今囘は女坂を選擇。「えつ、これで緩やかな方なの?」と言ふ石段の連續。さうだつたよな、大山登山マラソンの終盤はそゝり立つ壁かと見紛ふほどの石段の坂だつた。こゝ、走る馬鹿がゐるなんて信じられない、あつ、それ僕か・・・、と。息も絕え/\になりながらやつとのことで大山寺に到着。この日は運よくご本尊が御開帳されてをりました。「いつも見守つてくださり、ありがたうございます」と心を籠めてご本尊をお參りし、再出發です。登つても登つても續く石段に飽き/\したころ、漸く阿夫利神社下社に到着!やつたー、ゴールだと言ふのは大山登山マラソンで今囘のハイキングは山頂まで參りますのでこれで半分くらゐでせうか。境內で一休み。神樣すみません。境內の出店で「もみぢ汁」が賣つてゐたので、こちらを戴きました。いやはや、小田急に乘つてゐた時の心配が現實のものとなりまして、曇つてゐました。そして、なか/\に寒い。止まると汗がひいて、これまた寒いのです。なので、もみぢ汁は躰に浸み渡りましたね。ちなみに、このもみぢ汁、やうはけんちん汁です。でも、旨かつたですよ。
さて、下社にお參りしてから再出發です。境內には色づく楓が處々彼處にありまして綺麗でした。實は山と高原の地圖を見て、「等高線の密度の濃いところが少ないし、まあ、樂勝だな」と言ふ大失態をやらかしてをりました。なぜかと言ひますと、これまでの道のり同樣に坂が急。大きな石がごろ/\してゐて登りづらい。あれ、等高線の密度云々はどうした?あゝ、結局まだ地圖を讀む力がなく誤認した事を知り、自然から「馬鹿ぢやね、自然を舐めるなよ」と言はれてゐる思ひがしました。おまけに、途中で「ポツ、ポツ」をかすかな音が。氣がつくと邊りは暗く、そしてすごく寒い。寒い、寒い、寒い。この「ポツ、ポツ」と言ふ音はなんだと耳を澄ませてをりましたら、目の前になにやら白いものがちら/\と。あゝ、雪だ・・・。寒い譯だよ、雪降つてきたんだから。
さて、そんな寒さと坂に惡戰苦鬪しながら漸く山頂に到着しました。が、寒い。とても休憩する氣にはなれない。大山ケーブルバス停まで着てゐた薄手のダウンを羽織りましたが、それでも體がガタ/\と震へるほどです。廻りの人もみな寒さうで震へてをりました。なので休憩も早々にして下山しました。雪が舞ふくらゐですから當然曇つてゐて山頂の景色は殘念でした。
歸りは愼重に降りながら、下社からケーブルカーを使ひ下山しました。いやはや、寒くて登山の樂しさを感じる事が出來なかつた大山登山となつてしまひました。このリベンジは來年三月十一日。あれ、その日はまたあの坂を登る地獄のレースではないですか。今囘は寒いけど次囘は苦しい登山となるでせう(笑)

afurijinja01.jpg

▼すみません。なんせ、昨年十一月の事でして。そして、その時は紅葉の見頃でした。
afurijinja02.jpg

afurijinja03.jpg

▼大山寺に到着。ご本堂の前は狹いので、接写となつてしまひました。
afurijinja04.jpg

▼こゝまでもかなり登りましたので、本日は女坂で。
afurijinja05.jpg

afurijinja06.jpg

▼阿夫利神社の下社に到着!
afurijinja07.jpg

afurijinja09.jpg

afurijinja10.jpg

afurijinja11.jpg

afurijinja12.jpg

▼この奥にご神水があります。
afurijinja13.jpg

▼下社を出發して山頂へ。こゝの登山道はかなり嶮しい。
afurijinja14.jpg

▼山頂に到着!! やつた! でも疲れたし、寒い。
afurijinja15.jpg

▼家を出る時は晴天だつたのに。
afurijinja16.jpg

afurijinja17.jpg

afurijinja18.jpg

▼奥院をお參りしませう。
afurijinja19.jpg

▼晴れてゐれば、この先に富士山が見えるさうですよ。
afurijinja20.jpg

▼疲れたので歸りはケーブルカーで。
afurijinja21.jpg

▼さうです、今年もこれに出走します!!もうエントリ済みです。
afurijinja22.jpg

2018-01-09

石垣山一夜城址

秀吉が小田原城を攻める時に築城した城の跡。傳承では、木々で作業を隱し、出來た時に一擧に木を拂つたので小田原城からは一夜にして城が出來たやうに見えて大變恐れたとのこと。
このお城は攻城用の城だつたから、小田原城が落城した時は解體されたのだと思ふが城址は殘つてゐる。
折角足柄まで來たのだから行つてみるかと輕い氣持ちで行つてみたら、吃驚してしまつた。と言ふのは、攻城用の城だから跡かたなく解體されたと思つてゐた。が、確かに建物はないけど遺構は凄い。しかも良く殘つてゐる。凄い。あまりの凄さに聲も出ないくらゐだつた。慾を言へば、木々を拂ひ見晴らしが良ければと思つた。こゝからはやはり小田原城が良く見えなければ雰圍氣が出ませんよね。
あまり期待せずと言ふかなんとなしに行つて、その規模の大きさに驚いた城址でした。

ishigakiyama01.jpg

ishigakiyama02.jpg

ishigakiyama03.jpg

ishigakiyama04.jpg

ishigakiyama05.jpg

ishigakiyama06.jpg

ishigakiyama07.jpg

ishigakiyama08.jpg

ishigakiyama09.jpg

ishigakiyama10.jpg

ishigakiyama11.jpg

ishigakiyama12.jpg

ishigakiyama13.jpg

ishigakiyama14.jpg

ishigakiyama15.jpg

ishigakiyama17.jpg

ishigakiyama16.jpg

ishigakiyama18.jpg

ishigakiyama19.jpg

ishigakiyama20.jpg

ishigakiyama21.jpg

ishigakiyama22.jpg

ishigakiyama23.jpg

ishigakiyama24.jpg

ishigakiyama25.jpg

ishigakiyama26.jpg

ishigakiyama27.jpg

ishigakiyama28.jpg

ishigakiyama29.jpg

ishigakiyama30.jpg

2018-01-05

南足柄万葉公園

實はもう隨分と前になりますでせうか、醉芙蓉を見に南足柄へ行つた時ですが、それだけではと思ひ、一度訪れてみたいと思つてゐた萬葉公園へと足を延ばしました。
足柄は上代には旣に道が通つてゐたやうで都と東國を結ぶ交通の要衝となつてゐた。西國警備の爲に防人が東國から集められ、集められた防人たちがこの足柄で歌を詠んださうで、その時の歌が萬葉集に多く載つてをります。
現在は、新幹線、東名自動車道、そして國道一號線にその地位を讓つてをりますが、足柄は今でも觀光名所として人々が訪れる。さう、こゝも奧武藏と同じく山ランニングが流行つてゐるのかな。途中で山を降り、山を登るランナーたちにすれ違つた。奧武藏と同じくらい走つてゐる人がゐたな。ご苦勞樣です。
さて、萬葉公園はいくつもの植物の他、歌碑が數個建つてゐる。綠と萬葉の歌の織り成す風を感じる事が出來る公園です。

manyokoen01.jpg

manyokoen02.jpg

manyokoen03.jpg

manyokoen04.jpg

manyokoen05.jpg

manyokoen06.jpg

manyokoen07.jpg

manyokoen08.jpg

manyokoen09.jpg

manyokoen10.jpg

manyokoen11.jpg

manyokoen12.jpg

manyokoen13.jpg

manyokoen14.jpg

manyokoen15.jpg

manyokoen16.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます