2015-03-24

鯉幟

每年四月の終はりから五月の初めにかけて行はれてゐる催し物。芥川櫻堤公園に數多くの鯉幟を上げるもので、調べたら平成四年に始まつたやうだ。この地で鯉幟を生產してゐたとか言ふやうな歷史的な理由はないやうだ。歷史的な謂れがなくても、もう二十年以上行はれてゐるので、立派なものだ。
五月晴れの靑空に數多くの鯉幟が泳ぐ姿はどこか懷かしいと言ふか心溫まるやうな光景である。今後も末永く續けて行つて慾しい催しだと思ふ。

koi01.jpg

koi02.jpg

koi03.jpg

▼トロ、鯉幟は食べられないみャ
koi04.jpg

▼お空が綺麗ですみャ
koi05.jpg


2015-03-16

中將塚古墳

上宮天滿宮の裏手に位置する殆ど土塊にしか見えないやうな古墳。半ば壞れてゐるやうで、詳細が不明とのこと。築造は、同じく天神山にある晝神車塚古墳や宿禰塚古墳と近いやうだ。
この付近の有力者であつたのだらうが、なぜ「中將」なんだらうか。その邊りを調べてみたが、素人の橘右では有力な情報を得ることができなかつた。まあ、被葬者は誰か特定できない古墳は全國に無數あるし、解らないものはしやうがない。

橘右が中將+古墳で聯想するのは藤原實方であるが、「中將塚」は、宮城縣名取市愛島鹽手にあるので、こゝと關聯を見出すのは、牽强附會に過ぎる。それに實方は「かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを(後拾遺戀壹612)」の歌が小倉百人一首51番に撰ばれてゐる平安期の歌人である。年代的に合はない。

あともう一人、中將姬と言ふ人がゐる。蓮の絲を用ゐて當麻曼荼羅を一夜で織り上げたと言ふ傳說の女性。藤原豐成の娘と言はれてゐる。中將姬は、孝謙天皇の御代(八世紀)の話であることから、この古墳とは年代が合はない。

いづれにせよ、古墳時代は解らないことが多いから想像する樂しさもあると言ふものである。

▼最大限に下がつて撮つたつもりですが・・・。
cyujo01.jpg

cyujo02.jpg

▼上宮天滿宮のある天神山には遺蹟があるやうだ。これは、その遺蹟をイメージしたものだと思はれる。
cyujo03.jpg


2015-03-11

宿禰塚古墳

上宮天滿宮の境內攝社である野身神社の境內にある古墳。境內と言ふか野身神社がこの古墳の上に建つてゐると言ふはうが實情にあつてゐる。被葬者は、不明であるが野身神社が野見宿禰を祭神としてゐるので、傳承では野見宿禰となつてゐる。餘談だが、野見宿禰の墓とされる古墳はこゝ以外にも寢屋川や精華町にもあるやうだ。
野見宿禰は土師氏の祖となつた人で、日本書紀に垂仁天皇の皇后である日葉酢媛命の葬儀の時に、それまで行はれてゐた殉死の風習に代はる埴輪の制を案出し、土師臣の姓を與へられたとされる人で、その他に當麻蹴速と角力(相撲)を取つた插話も載つてゐる。埴輪を考案したのなら、土室に埋葬されてゐてよささうだものだが、土室から少し距離がある天神山に埋葬されてゐるのは謎であり面白いと思ふ。土師氏と全國でも有數の規模を誇る新池埴輪工場が關聯してゐるのは不思議な事ではない。
餘談だが、日本書紀に野見宿禰は播磨國の立野で病により死亡し、その地で埋葬されたと書かれてゐる。土師氏はその一族の中から「菅原」を名乘る支族が出る。この「菅原氏」は、天神樣で有名な菅家の家柄である。上宮天滿宮は、菅原爲理が太宰府から歸りに當社の前を通りかかつた時に急に牛車が動かなくなつた。爲理は、「この地の山上には菅公の祖先である野見宿禰の祖廟がある。牛車が動かないのも理由があることだ。山上に自畫像を奉安して祀るのが良い」として道眞公を祀つたのが上宮天滿宮の始まりとされる。上宮天滿宮と野見宿禰と菅原道眞公。野見宿禰は播磨國の立野で亡くなりその地で埋葬されてゐると、日本書紀は傳へる。宿禰塚古墳の被葬者は、實際のところはどうなのだらうか。

suikune01.jpg

sukune02.jpg

▼いけないことだと解りつゝ、つい中を覗いてしまつた。
sukune03.jpg


2015-03-06

晝神車塚古墳

上宮天滿宮前にある古墳。晝神車塚古墳は天神山(山と言ふか岡みたいだけど)の尾根の部分に位置してをり、この天神山には、宿禰塚古墳や中將塚古墳等の古墳がある。築造は凡そ六世紀頃とのこと。年代的に今城塚古墳と近い。
見事に形が崩れてゐるが、前方後圓墳のやうだ。なんと言つても痛々しいのは、底部をトンネルで穴を空けられてしまつてゐることである。これでは、被葬者も永久の眠りにつけないと思ふ。可哀さうだよ。
さて、この古墳は多少の埴輪などが出土しただけであり、被葬者の特定には至つてゐない。埴輪は狩りを模したやうなものが出てゐるとのこと。近年では宅地造成が進んで家が立ち竝んでゐるが、昔は原生林の廣がる良好な狩猟場だつたのかもしれない。

▼悲しいことに案内表示に無數の落書きがある。かような道德心のなさがこの國の性急な近代化の弊害であり、坂を轉がるやうに亡國へ進んでゐる原因であらう。
hirugami01.jpg

▼こちらは宮内廰管轄ではなく、單に危ないから立ち入り禁止だと思はれる。
hirugami02.jpg

▼遠くて解りづらいが獣や人の埴輪が見える
hirugami03.jpg

▼墳底部だけでなく、上部も崩れて襤褸/\である。もはやどこが前方でどこが後圓墳か判別が難しい。
hirugami04.jpg

▼なんとも言へない風景である。古墳がお墓であることを考へると、便利さの代償に何かを失くしてゐる氣もする。
hirugami05.jpg


2015-03-02

鼻摺古墳

X市の隣の市にある古墳。この市とX市はジャニーズの村上氏が仲が惡いとテレビで言つてゐるらしい。そんなことはさて置き、鼻摺と言ふなんとも奇妙な名前であるが、近くには耳原(みのはら)と言ふ場所がありなにやら高貴感じがする。勉强不足なのだが、「耳」と言ふ字は古代の天皇陛下の和風諡號に良く出て來るので、耳には古代の人々がなにか神聖な力を感じてゐたのだらうか。
さて、この古墳は大凡六世紀頃に築造されたと推定されてゐる。六世紀頃の墳丘墓であるが前方後圓墳ではなく方墳であることが特徵的だ。埋葬者は不明で、盜掘があり中ボロボロのやうだ。盜掘により、この古墳はこれ以上調べても何も判明しないのだらう。

hana01.jpg

hana02.jpg

hana03.jpg

プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます