2014-12-03

比婆山久米神社

出雲旅行最後の地は、島根縣安來市伯太町の比婆山に鎭坐してゐる社。伊耶那美神をお祀りする。山の麓に里の宮があり、境內脇から山を登ることができる。山頂には奧の宮があり本殿脇に小さな墳丘墓がある。こゝ伊耶那美神のご神陵の參考地である。當地は、尼子氏により篤く崇敬されてをり、比婆山は禁足地であつた。因みに、山頂までは相當な距離がある上に元禁足地であり人氣のない山中である。伊賦夜坂とはまた違ふ意味で怖い。熊でも出て來るかもなんて思ふ感じである。相當疲れて山頂に辿りつくと、そこにご神陵があつた。靜かで天に近く、こゝがご神陵だと言ふことはなんか妙に納得できるやうな場所であつた。

▼古事記には伊耶那美神が神避りした後、伊耶那岐神により出雲國と伯伎國の境の比婆山に葬られとある。
hibayama01.jpg

▼里の宮の鳥居
hibayama02.jpg

▼里の宮の拜殿
hibayama03.jpg

▼こゝから登る。これ以外に尼子道と言はれる登り口もある。尼子道のはうが登りがきつい。
hibayama04.jpg

hibayama05.jpg

▼奥の宮の拜殿
hibayama06.jpg

▼境内はこんな感じ
hibayama07.jpg

▼ご神陵
hibayama08.jpg

神無月拾貮日 橘右

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-12-02

揖夜神社と伊賦夜坂

島根縣松江市東出雲町揖屋に鎭坐する社。伊耶那岐神と伊耶那美神の別れの神蹟である伊賦夜坂(黃泉比良坂)が近くにある。
境內に大きな木が植ゑれてゐた。木の前に祠が建つてをり、その邊りからまたもや不穩な氣配が感じられた。神職の方に尋ねると荒神樣をお祀りしてゐるとのこと。社殿の莊嚴さに加へこの木の不穩さが、こゝが伊賦夜坂の近くだと言ふことを感じさせる。
折角來たので伊賦夜坂へも行つてみた。怖かつた。今囘一番、やばい雰圍氣がしてゐた。而も、途中で白い蛇が出て來た。もう二度と行きたくはない場所であつた。

iya01.jpg

iya02.jpg

iya03.jpg

▼伊賦夜坂の碑の遠景
iya04.jpg

▼この沼から白蛇が出て來た。
iya05.jpg

▼この碑が建てられたのは新しいとのこと
iya06.jpg

▼古事記の傳承にある黄泉國への道を塞いだ道反之大神(ちかへしのおほかみ)とされる磐。あの先が黄泉國だ。
iya07.jpg

神無月拾壹日 橘右

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-12-01

八重垣神社

須佐之男命と稻田比賣命をお祀りする社。社傳によると、元々は須賀神社の地に鎭坐してゐたが、やがて當地に遷坐したとこと。八雲立つの和歌から名を八重垣としてゐる。社殿裏に鏡池と言ふ池がある。こゝにおまじないが書かれた半紙の上に硬貨を置いて池に浮かべ、その沈む速度で戀を占ふと言ふことが有名で、女性に人氣の社である。

yaegaki01.jpg

▼どこも注連繩が大きくて立派だつたな
yaegaki02.jpg

yaegaki03.jpg

▼夫婦椿。稻田姫命が植ゑた貮本の椿の枝がやが壹本の椿となつたとの傳承をもつ。夫婦圓滿の御利益あり
yaegaki04.jpg

神無月拾日 橘右

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-11-30

神魂神社

島根縣松江市大庭町に鎭坐する伊耶那美命をお祀りする社。本殿は現存する最古の大社造建造物とのこと。國寶に認定されてゐる。境內は落ち着いた雰圍氣のする嚴な社である。熊野大社からの道すがらに岩坂陵墓參考地と言ふ伊耶那美命のご神陵の推定地があつた。このご神陵以外にも周邊には古墳があるやうで、古來から榮えてゐたのだらう。

kamosu01.jpg

▼古さだけでなく、作りも雄大で素晴らしい
kamosu02.jpg

kamosu03.jpg

神無月玖日 橘右

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-11-29

熊野大社

島根縣松江市八雲町熊野にある社で、伊邪那伎日眞名子 加夫呂伎熊野大神 櫛御氣野命を祭神としてお祀りしてゐる。「伊邪那伎日眞名子」とは伊邪那伎神の可愛がる子であり、「加夫呂伎」は神聖な祖神、「熊野大神櫛御氣野命」とは、この熊野に坐します尊い神の櫛御氣野命と言ふことゝ言はれてゐる。一般的には當社の祭神は須佐之男命と同一だと言はれてゐるが、まあ、どうなんだらう。
大國主命が根堅須國にゐる須佐之男命に會ひに行く前に木の國(紀伊)に行くと言ふやうなことも書かれてゐるので、出雲と紀伊は何かしらのつながりがあるだらう。

▼久々登場みャ
kumano01.jpg

kumano02.jpg

kumano03.jpg

▼隨神門の注連繩も立派である
kumano04.jpg

▼拝殿
kumano05.jpg

▼稻田神社。櫛名田比売命、足名椎命あ、手名椎命をお祀りする
kumano06.jpg

▼伊邪那美神社。伊邪那美命をお祀りする
kumano07.jpg

神無月捌日(上弦) 橘右

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます