2014-05-04

湊川神社

湊川の戰ひの古蹟のある地に創建され、大楠公(楠正成公)をお祀りする社。
元々、境內奧に大楠公殉節の地があり、地元の方が大楠公の忠節の志を大切にしてきたが、時間を追ふごとに徐々に荒廢してゐたところ、水戶光圀が「嗚呼忠臣楠子之墓」と刻んだ碑を建てたことにより、勤王の志士から篤く尊敬されるに至る。彼らの熱烈なる崇敬心はやがて國家を動かし、明治五年に明治天皇の命により墓所・殉節地を境內地と定め創建された。
境內奧の殉節地はもちろん禁足地になつてゐるが、社務所に申し込めば近くまで行く事が出來る。初代兵庫縣知事である伊藤博文奉納の石燈籠等があつたやうなことを宮司さんがおつしやつてゐたと記憶してゐるが、はてどうだつたかな、記憶が曖昧だ・・・。先の戰爭の空襲と阪神大震災で多くの社寳が失はれたと宮司さんがおつしやつてゐたことはよく記憶してゐるのだが。社務所前の狛犬は陶製ださうだ。あの大きさでは燒くの大變だつただらうと感心したのも覺えてゐる。
楠正成公は、古來より忠義を報じ、寡兵でも決して怯まず、信念を曲げず貫く生き方が多くの日本人を魅了しつづけてをり、當に偉人と呼ぶに相應しい。

祭神:楠正成命
配祀:楠正行命、楠正季命、以下御一族十六柱、菊池武吉命、大楠公夫人
御朱印:あり
御朱印帳:なし?
駐車場:有料
社格:別表神社、建武中興十五社
社殿様式:八棟造

IMG_2407.jpg

IMG_2145.jpg

IMG_2400.jpg

IMG_2401.jpg

▼御墓所と殉節地は別の場所にある
IMG_2143.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます