2017-04-24

鶴嶺八幡宮

鶴岡八幡宮よりも古いお社。源賴義が相模國懷島に石淸水八幡宮を勸請したことに始まる。初めは懷島に鎭坐してゐたので懷島八幡宮と稱してゐた。のち、前九年の役の折に賴義は戰勝のお禮として當社を現在の元鶴岡八幡宮(由比若宮)が鎭坐してゐるところに遷坐させた。その後、八幡太郞が現在の鎭坐地に領地を寄進し、こちらに遷坐した。
時代は進み、源賴朝の頃に當社に七百貫を寄進し懷島を領地とする大庭景能に社殿の修理を命じた。
訪れる人も疎らであつたが、鶴岡八幡宮よりも古い由緖のあるお社であり、身が締まる思ひがした。

tsurumine07.jpg

tsurumine02.jpg

tsurumine03.jpg

tsurumine04.jpg

tsurumine05.jpg

tsurumine06.jpg

▼鎌倉は銀杏と縁があると言ふか賴朝の手植ゑとか縁のある銀杏が多いやうな氣がする。
tsurumine01.jpg

tsurumine08.jpg

tsurumine09.jpg

tsurumine10.jpg

▼形あるものいつかは毀れるとは言へど、殘念な氣がする。
tsurumine11.jpg

tsurumine12.jpg

▼お稻荷さんの鳥居の裏側。懷島と言へば大庭景能。
tsurumine13.jpg

tsurumine14.jpg

tsurumine15_20170415000610842.jpg

tsurumine16_201704150006122db.jpg

tsurumine17_2017041500061265e.jpg

▼オレっちの地酒コーミャ♪ ちよつと珍しいと言ふかオレっちの知らないお酒でしたみャ。
御國竹と言ふ長野の武重本家さんのお酒ですみャ。呑んでみたい、呑ませろみャ。
tsurumine18_20170415000614eff.jpg

本日の月齢:27.0 舊歷:三月二八日

2016-10-20

小動神社

建速須佐之男命、建御名方神、日本武尊をお祀りしてゐるお社。佐々木盛綱が父祖傳來の地近江の八王子宮を勸請したとされる。元弘の亂では新田義貞が戰勝祈願を行ひ、そのご建武年間に當社の再建に盡力した。
當社の鎭坐地は小動岬と呼ばれる所で、かつては松が蔽ひ茂る松の名所であつたさうだ。松は枯れたのだらうか、それとも伐採されたのだらうか、松は何處にも見當たらないやうな狀況である。但し、當社の境內から對岸の江ノ島がよく見え、風光明媚である。

koyurugijin01.jpg

koyurugijin02.jpg

koyurugijin03.jpg

koyurugijin04.jpg

▼芙蓉、咲いてゐますね。今が季節ですから、綺麗でした。
koyurugijin05.jpg

▼百日紅も咲いてゐた。
koyurugijin06.jpg

▼拜殿。
koyurugijin07.jpg

▼第六天社
koyurugijin08.jpg

koyurugijin09.jpg

▼金毘羅さんとお稻荷さん
koyurugijin10.jpg

▼海神社
koyurugijin11.jpg

koyurugijin12.jpg

koyurugijin13.jpg

▼江ノ島。ちよつと空が雲がちだな、殘念。
koyurugijin14.jpg

2016-10-19

児玉神社

江ノ島の江ノ島神社の境外に鎭坐してをり、兒玉源太郞命をお祀りするお社。兒玉源太郞命は、日露開戰前に餘りに來客が多く來るので江ノ島に閉ぢ籠つてゐたが、そこもやがればれて來客が押し寄せたさうだ。附近の方々は誰なんだらうと思つて穿鑿した末に參謀次長の兒玉源太郞だと知つた。兒玉源太郞の歿後に町民が遺德を偲び功績を讚へ兒玉源太郞の靜養地を買つてそこに兒玉の御魂を祀つたことに始まる。大正七年に內務大臣により兒玉神社として公認されたとのこと。
兒玉源太郞命については、司馬遼太郞の坂の上の雲などで御存知の方も多いと思ふ。國の爲に降格人事を自ら進んで受け、戰爭に勝ち、戰爭が終ると魂が拔けたかのやうに終戰の一年後に歿せられたと言ふ。國を護ると言ふことはどう言ふことなのか。當社のご祭神から學ぶ事は多い。

kodamajin01.jpg

kodamajin02.jpg

kodamajin03.jpg

kodamajin04.jpg

▼字が掠れてしまつてゐて讀めなくなつてゐる。
kodamajin05.jpg

kodamajin06.jpg

kodamajin07.jpg

kodamajin08.jpg

kodamajin09.jpg

▼世に云ふ二〇三高地です。
kodamajin10.jpg

▼おゝ、これは樂しみである。
kodamajin11.jpg

▼なんかいやな豫感がする。
kodamajin12.jpg

▼がーん(涙)
kodamajin13.jpg

▼社殿が見えない・・・。
kodamajin14.jpg

kodamajin15.jpg

2016-10-18

北條時政と龍宮

江ノ島神社の神紋は三ツ鱗である。北條氏も三ツ鱗だ。なぜ、北條氏の家紋の三ツ鱗なのかは、太平記にその答へが書いてある。
「鐮倉草創の初め、北條四郞時政、榎嶋に參籠して、子孫の繁昌を祈る事切なり。三七日に當りける夜、赤き袴に柳裏の衣着たる女房の、端嚴美麗なるが、忽然として時政が前に來たつて吿げて曰はく、「汝は、前生に箱根法師にてありし時、六十六部の法華經を書いて、六十六箇國の靈地に封納したる善根によつて、再びこの國に生まるゝ事を得たり。されば、子孫永く日本の主となつて、榮花に誇るべし。但し、その振る舞ひも違ふ所あらば、七代を過ぐべからず。わが云ふ處不審あらば、國々に收めし所の靈地を見よ。」と云ひ捨てて、立ち歸りける後ろ質を見れば、さしも嚴しかりつる女房、忽ちに節長二十丈ばかりなる大蛇になつて、海中に入にけり。その迹を見るに、大きなる鱗を三つ落せり。時政、所願成就しぬと喜びて、かの鱗を取つて、旗の紋にぞ押したりける。先代の三鱗形の紋これなり。
その後、辯才天の御吿げよつて、國々の靈地へ人を遣はして、法華經の奉納の所を見せけるに、俗名の時政の字に替はらず、「大法師時政」と、奉納筒の上に書きたりけるこそ、不思議なれ。されば、今の相摸入道の一家、天下を七代に過ぎて保ちけるも、榎嶋の利生、または過去の善根に感じけるゆゑなり。今の高時禪門、すでに七代を過ぎて九代に及ぶ。されば、すでに滅ぶべき時分到來して、かゝる不思議の振る舞ひをもせられけるかと覺えたり。」
北條時政は江の島の岩屋に參籠して龍神をお吿げがあり子孫が繁榮したさうだ。而も、この時に家紋を龍神が落した鱗を見て三ツ鱗にしたと太平記に記されてゐる。
この龍宮は岩屋本宮の眞上に當たる處に鎭坐してゐるさうで平成五年に崇敬者の寄進により建立された。祭神は龍宮大神。北條時政に繁榮をもたらした神樣である。でも、皮肉と言ふか時政の子孫は七代までは隆盛を誇り、その後は榮華を貪り九代目で滅ぶことになつた。

watatsumiya01.jpg

watatsumiya02.jpg

watatsumiya03.jpg

watatsumiya04.jpg

2016-10-17

江ノ島の岩屋

江ノ島神社の出發點となる岩屋。社傳によると「欽明天皇の御宇神宣により詔して宮を島南の龍穴に建てられ一歲二度の祭祀この時に始まる」とされ、島南の穴と言ふのがこゝだとされてゐる。吾妻鑑の養和二年四月五日の條によると、「これ高尾の文學上人、武衞の御願を祈らんが爲、大辨才天をこの嶋に勸請し奉る。」と記されてをり、これはどう解釋すべきなのかな。文覺が江ノ島辯天の開基と言ふやうにも解釋出來るが、江ノ島神社のご由緖には、欽明天皇の神宣となつてゐる。賴朝が弁財天像を奉納したと言ふことか。
この岩屋は、賴朝以外にも役小角、日蓮などの僧や北條時政などの武家が參籠してをり、靈驗あらたかな岩屋として人々に篤く崇敬されてゐる。かつては四月から十一月の間は海から海水が入り參籠できなかつたさうだ。現在は入口付近を加工したのだらう、高波の時以外は拜觀料を拂へば入れるやうになつてゐる。但し、岩屋內にはお社はなく、奧津宮に遷坐したと思はれる。

enoshimaiwaya01.jpg

enoshimaiwaya02.jpg

enoshimaiwaya03.jpg

enoshimaiwaya04.jpg

▼富士山が見えた。
enoshimaiwaya05.jpg

▼昔の入口か
enoshimaiwaya06.jpg

enoshimaiwaya07.jpg

enoshimaiwaya08.jpg

▼龜石。龜が泳いでゐるやうにみえる。
enoshimaiwaya09.jpg

▼富士山を背景に記念撮影。
enoshimaiwaya10.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます