2017-05-17

高蔵寺

眞言宗豐山派に屬し、山號を見星山、寺號を三輪院高藏寺と稱す。ご本尊は金剛界大日如來。足利將軍家代々の武運長久祈願所として康安二年(一三六二年)に開かれた、足利將軍家との緣が深いお寺。
こちらのお寺は、石楠花が有名。しかし殘念な事に、お參りした時は時旣に遲しで、盛りを過ぎてしまつてゐた。殘念。

kozoji01.jpg

kozoji02.jpg

▼ご本堂
kozoji03.jpg

▼ご本堂の裏手にあつた不思議な木。二つの異なる木が共棲してゐる。
kozoji04.jpg

▼龍の形をした流木。
kozoji05.jpg

▼さて石楠花園にまゐりませう。
kozoji06.jpg

▼このとほり大半は枯れてをりました。
kozoji07.jpg

kozoji08.jpg

kozoji09.jpg

kozoji10.jpg

▼靑もみぢは綺麗でした。
kozoji11.jpg

▼芍藥が咲いてをりました。
kozoji12.jpg

▼正面のお庭。
kozoji13.jpg

kozoji14.jpg

▼正面はからうじて咲いてをりました。
kozoji15.jpg

2016-06-28

建長寺

臨濟宗に屬し、山號を巨福山、寺號を建長興國禪寺と稱す。ご本尊は地藏菩薩、開山は蘭溪道隆、開基は北條時賴。鐮倉五山の第一位である。禪寺でご本尊が地藏菩薩と言ふのは珍しいんぢやないかな。
吾妻鏡によると建長三年(一二五一年)に造營され、同五年(一二五三年)に落慶供養したとされる。鐮倉大地震(正應六年:一二九三年)で堂宇の大半が倒潰、その後も幾度となく失火で堂宇が失はれるが、その都度、再建されて來た。創建當時の堂宇が少ないとは言へ、三門から方丈までが一直線に竝ぶ禪寺の樣式を殘してゐる。方丈の前の唐門は裝飾が鮮やか。
唐門の左から坂を進むと半僧坊と言ふお堂がある。相當、坂をあがつた處にある。半僧坊からは相模灣を望む事が出來た。まあ、それだけの坂を上がつて來たのだから當然と言へば當然だが。

kencyoji01.jpg

kencyoji02.jpg

▼惣門。バスの停車場になつてゐる。
kencyoji03.jpg

▼三門。「威風堂々」と言ふ言葉が相應しい。
kencyoji04.jpg

▼鐘楼
kencyoji05.jpg

▼佛殿
kencyoji06.jpg

▼法堂
kencyoji07.jpg

kencyoji08.jpg

▼唐門
kencyoji09.jpg

▼唐門を方丈から庭ごしに見る。
kencyoji10.jpg

▼方丈
kencyoji11.jpg

▼方丈の庭園
kencyoji12.jpg

▼半僧坊へ行く途中に蟲塚と言ふものがあつた。
kencyoji13.jpg

kencyoji14.jpg

▼さて、こゝから半僧坊へとまゐりませう。
kencyoji15.jpg

▼途中の階段は長すぎるので省略して、半僧坊のお堂へ到着
kencyoji16.jpg

▼半僧坊からの眺め
kencyoji17.jpg

2016-06-27

明月院

臨濟宗に屬し、山號を福源山と稱す。本尊は聖觀音、開山は密室守嚴で開基は上杉憲方。元々は山之內首藤經俊が平治の亂で亡くなつた父の俊道の菩提を弔ふ爲に庵を結び、その後、北條時賴が荒廢した草庵をお寺に改裝し最明寺とした。最明寺はその後廢絕となり、北條時宗が禪興寺として再興した。室町初期に上杉憲方が足利義滿の命を受け、禪興寺を擴大し、首藤經俊が建てた庵は塔頭となつた。その後、明治に入り禪興寺は廢寺となつたが、塔頭だけが殘り、現在の明月院となつてゐる。
そのやうな經緯を持つことから、境內には北條時賴の墓所と上杉憲方の墓所がある。上杉憲方の墓所があるやぐらは、元々首藤俊道の墓所であつたと傳へられてゐる。これだけを聞くと上杉憲方は罰當たりに聞こえるが、なにか事情があつたのだらう。
境內いつぱいに紫陽花が咲いてゐた。こちらのお寺は、成就院(現在工事中にて紫陽花を見學できない)、長谷寺と竝ぶ鐮倉三大紫陽花寺である。靑色の姬紫陽花が大半を占めてゐた。なんでも靑色の花になるやうに意圖的に土壤を保つてゐるさうだ。紫陽花の季節になると一萬株は優に超しさうな紫陽花よりも人のはうが多いのではと思ふほど、賑はつてゐた。

myogetsu01.jpg

myogetsu02.jpg

myogetsu03.jpg

▼深谷上杉氏は憲方の弟の憲英から始まる。
myogetsu04.jpg

▼最明寺舊蹟道碑
myogetsu05.jpg

myogetsu06.jpg

myogetsu07.jpg

myogetsu08.jpg

myogetsu09.jpg

myogetsu10.jpg

myogetsu11.jpg

myogetsu13.jpg

▼開山堂
myogetsu12.jpg

myogetsu14.jpg

myogetsu15.jpg

myogetsu16.jpg

▼方丈。なんか源光庵に似てゐる氣がするのだが。氣の所爲か?
myogetsu17.jpg

▼方丈の裏に花菖蒲園があります。
myogetsu18.jpg

myogetsu19.jpg

myogetsu20.jpg

myogetsu21.jpg

▼北條時賴公廟所
myogetsu22.jpg

myogetsu23.jpg

2016-06-26

東慶寺

臨濟宗に屬し、山號を松岡山、寺號を東慶總持禪寺と稱す。寺傳によると開基は北條貞時で、開山は覺山尼と傳はる。覺山尼とは北條時宗の夫人で、圓覺寺で得度したとのこと。さう言ふ開山の經緯があり、創建から明治の初め頃までは男子禁制の尼寺であつた。男子禁制の尼寺であつたこともあつてか當寺は「緣切り寺」「驅け込み寺」であつたさうだ。
拜觀謝絕のお堂が多いが、境內には樣々なお花が植ゑられてをり、紫陽花と花菖蒲が綺麗に咲いてゐた。またご本堂の裏手の岩に「岩絡み」と言ふお花が一面に咲き誇つてゐた。この「岩絡み」と言ふお花は、紫陽花科であるが蔓性の植物と少々珍しい。本堂の裏は基本非公開であるが、岩絡みが咲いてゐる時だけ、日に何囘か一時間づつ公開してゐる。

tokeji01.jpg

tokeji02.jpg

tokeji03.jpg

tokeji04.jpg

▼おなじみになりましたね、花菖蒲です。紫陽花と時期が同じですからね。
tokeji05.jpg

▼紫陽花と花菖蒲。
tokeji06.jpg

tokeji07.jpg

▼撫子が咲いてゐた。撫子と言へば秋だが、夏に咲く品種もあるのかな。それともこれは撫子とは違ふのかな。
tokeji08.jpg

▼こちらは「岩煙草」と言ふさうです。葉が煙草の葉に似てゐるからだとか。
でも、橘右は煙草の葉を見たことがないので、似ていると言はれても解らない。
tokeji09.jpg

tokeji10.jpg

▼さて、岩絡みへとまゐりませう。まづはご本尊を拜んでから。
tokeji11.jpg

tokeji12.jpg

▼こちらが岩絡み。
tokeji13.jpg

2016-06-25

圓覺寺

臨濟宗に屬し、山號を瑞鹿山、寺號を圓覺興聖禪寺と稱す。ご本尊は、寳冠釋迦如來で、開山は無學祖元禪師、開基は北條時宗である。北條時宗は、元寇の後、敵味方の靈を平等に弔ふために當寺を建立した。寳冠釋迦如來は、釋迦如來が寳冠を被つてゐる佛樣で、普通、如來は裝飾を附けないものだが、大日如來や希に釋迦如來が寳冠を被ることがある。なぜかは、難しい問題ですね、橘右もそこまでは詳しくないです、すみません。寳冠釋迦如來は京都の大きなお寺の三門のご本尊になつてゐる。
これは、ちやんと言及しておかなければなりませんが、蒙古來襲と言ひますが、實際にはモンゴル人が海を渡り襲つて來たと言ふよりは、元に阿つて我が國の侵攻を焚きつけ、結果として派兵された民族がゐる。それは、朝鮮人でありますことをお忘れなきやうに。
さて、話は本題へと戾りませう。室町、江戶期に幾たびかの失火があり、堂宇はその都度再建され今日至つてゐる。創建當時のものではないにしても、三問や法堂などは威風堂々した立派なお堂であつた。境內の奧に「佛日庵」と言ふ庵がある。このお堂は開基の北條時宗が結んだ庵だとされてゐる。境內には時宗が篤く祈りを捧げた十一面觀音坐像が殘されてゐるほか、時宗、貞時、高時の木像も安置されてゐる。國難が迫りつゝある今日、佛日庵の開基廟にて、再び北條時宗公のやうな政治指導者が出て來ることを切にお祈りした。
この他、境內の一際高い處に洪鐘と書いて「おほかね」と呼ぶ大きな鐘樓があつた。この鐘は北條貞時が寄進したもので、國寳に指定されてゐる。洪鐘の傍に辯天堂があつた。北條貞時が江の島の辯天を勸請した。江の島辯天は、北條時政が參籠し北條氏發展を約束されたとの說話があり、それに倣つたのかもしれない。
當寺は佛日庵や洪鐘など見どころ滿載でまさに北鐮倉を代表する名刹である。

engakuji01.jpg

engakuji02.jpg

▼閻魔堂。お堂内の寫眞は撮るべきではないのでお見せできませんが、弓が處狹しと竝らんでゐた。閻魔様と弓?
engakuji03.jpg

▼と思つたら、お堂の隣に射場があつた。さう言ふことか。
engakuji04.jpg

▼三門。人だらけでモザイクかけたらなにがなんだか判らない繪になつた。
engakuji05.jpg

engakuji06.jpg

▼多くはないが紫陽花が咲いてゐた。まあ、季節ですから。
engakuji07.jpg

engakuji08.jpg

▼この奥に國寶の舎利殿がある。
engakuji09.jpg

engakuji10.jpg

▼方丈
engakuji11.jpg

▼さて、北條時宗公の許へとまゐりませう。
engakuji12.jpg

▼門に柵がしてありますが、脇に入口があり拜觀料を拂へば中に入れます。
engakuji13.jpg

engakuji14.jpg

engakuji15.jpg

▼木久藏つて、あの落語家の?
engakuji16.jpg

▼さて、洪鐘へとまゐりませう。
engakuji17.jpg

engakuji18.jpg

▼階段が長い。
engakuji19.jpg

engakuji20.jpg

engakuji21.jpg

▼こちらが洪鐘。
engakuji22.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます