2017-12-17

龍穏寺

このお寺は、奧武藏グリーンラインをランニングしてゐる時に發見、いつかランニングしてゐない時にゆつくりとお參りしたいと思つてゐた。
遂にその機會が巡つて來た!と言ふことで黑山三瀧や義經傳說がある傘杉峠、顏振峠と共に龍穩寺を訪ねて廻る越生ハイキングで步いたところを少々書きたいと思ひます。
當寺は、曹洞宗に屬し、山號を長昌山、寺號を龍穩寺と稱す。本尊は、釋迦牟尼佛。開基は足利義敎。慈光寺と竝ぶ奧武藏屈指の古刹。
グリーンラインに面する山門はとても立派で一際目を引く。山門の奧の經堂も壁面の彫刻が立派で興味を惹いた。因みにどちらも指定文化財である。
また、境內には太田道灌親子の墓所がある。なほ、道灌の墓は伊勢原にもあり、こちらは分骨して納めたとのこと。で、なぜ、道灌なのかと言ふとこの邊りは道灌の所領があり、道灌親子はこの邊りに住んでゐたさうだ。
當寺は、綠香る草深い奧武藏グリーンライン沿ひに歷史の重みを感じる古刹だ。都會の喧騷から離れた靜寂と風雨に耐えて建つ山門や經堂の趣深い建物が織りなす淸淨な境內に足を踏み入れると心が洗はれる思ひがする。少し交通の便が不便で恐らく車で(奧武藏には奧武藏の山の中のきつい斜度のある道をキロ邊り5分を切つて走る猛者が澤山ゐるが、それらの猛者は特殊な人々だ)しか到着出來ないと思ふけど、こちらのお寺は一度はお參りしてみたい名刹である。

ryuonji01.jpg

ryuonji02.jpg

ryuonji03.jpg

▼お酒を呑んだり葱などの臭いのきついものを食べたものは入山禁止である。
ryuonji04.jpg

ryuonji05.jpg

ryuonji06.jpg

▼山門裏側。彫刻が見事!越生町の町指定有形文化財である。
ryuonji07.jpg

ryuonji08.jpg

ryuonji09.jpg

ryuonji10.jpg

▼經藏の壁面の彫刻も見事。こちらは縣指定有形文化財。
ryuonji11.jpg

ryuonji12.jpg

ryuonji13.jpg

▼ご本堂は改修工事をしてゐるやうだ。
ryuonji14.jpg

▼東京オリンピックの年の大河ださうです。大賛成!
ryuonji15.jpg

ryuonji16.jpg

ryuonji17.jpg

ryuonji18.jpg

ryuonji19.jpg

ryuonji20.jpg

2017-07-29

聖天宮(坂戸)

勝呂神社の近くを車で走つてゐると、なんとも異樣な光景に出くはした。なんか厭な感じである。なぜかと言ふとあまりにも支那風な門と建物が見えるからだ。全く支那人と來たら、また浸蝕して來たのかと思つた。でも、安心した。現在の支那とはなんら關係がなく、臺灣の方が建てたさうだ。と言ふことで、早速行つてみることにした。たゞ、まあ、なんか少し蟠りと言ふのは殘る。と言ふのは、臺灣の僧侶が大病を患ひ、三淸道祖と言ふ神樣を拜んだらその不治の病から恢復されたさうで、その時に恩返しとして宮を建てようと思ひ、臺灣ではなくわざ/\日本に建てたとのこと。いや、生國が臺灣ならそちらに建てたはうがよかつたのではと多少思はなくもない。その土地、その土地には地場の神樣がゐるものだ。地場の神樣がゐる譯なので、あまり無理に異國の神樣を持ち込むのは愼重にしたはうが良いと思はなくもない。
こちらは道敎の寺院ださうです。至る所に龍の彫刻が施され、なんでも五千はあるさうだ。異國情緖のある場所だつた。

seitensakado01.jpg

seitensakado02.jpg

seitensakado03.jpg

seitensakado04.jpg

seitensakado05.jpg

seitensakado06.jpg

seitensakado07.jpg

seitensakado08.jpg

seitensakado09.jpg

seitensakado10.jpg

seitensakado11.jpg

seitensakado12.jpg

seitensakado13.jpg

seitensakado14.jpg

seitensakado15.jpg

seitensakado16.jpg

seitensakado17.jpg

▼百日紅は夏の花。綺麗に咲いてゐたな。
seitensakado18.jpg

2017-05-22

陽雲寺

曹洞宗に屬し、山號を崇榮山、寺號を陽雲寺と稱す。齋藤盛光と言ふ人物が開基。元々は、崇榮寺と稱してゐたが、天正十年(一五八三年)の神流川の合戰で燒失。武田信玄の甥の川窪信俊が再興した。川窪は、再興する際に自身の養母である武田信玄の妻の陽雲院の名を寺名にした。そのことから、寺寶として信玄と陽雲院の畫像がある。
また、當寺は新田義貞が鐮倉幕府打倒の祈願をしたさうで、新田勝軍不動堂と呼ばれてゐたこともあつたさうだ。現在、この不動明王をお祀りする新田勝軍不動堂は神流川合戰で燒失したと思はれ現存してゐない。但し、こちらには新田四天王のひとり畑時能を供養祠がある。畑は新田義貞の死後も脇屋義助に隨ひ足利高氏に抵抗したが、興國二年(一三四一年)に多勢に無勢で伊知地(現福井縣勝山市伊知地)の地で斯波氏に突擊し數時間の激鬪の末、曠野に屍を曝した。その時、重臣の兒玉光信が首級を故鄕の金窪に持ち歸り、供養祠を建てた。この祠は、畑時能と兒玉光信の名をとつて「畑兒塚」と呼ばれてゐる。

younji01.jpg

younji02.jpg

younji03.jpg

younji04.jpg

younji05.jpg

younji06.jpg

younji07.jpg

younji08.jpg

younji09.jpg

younji10.jpg

younji11.jpg

younji12.jpg

▼現地では特に説明がなかつたが、これは恐らくお堂の址に間違ひない。
新田勝軍不動堂の址だつたりして?
younji13.jpg

2017-03-11

梅園神社と越生梅林

元々は小杉天神社と稱し北野天滿宮を勸請したお社だつたが、明治に入り周邊のお社を合祀し梅園神社と社名を變へた。小杉天神社を勸請した時に菅原道眞公に肖り梅を植ゑたさうで、それが今日の越生梅林の元になつたとのこと。
季節は梅の花が咲く頃。こゝは弓立山や黑山に走りに行つた時によく通つた場所。その時は花も枯れ夏の暑い風が體を痛めつける辛い場所だつたが、この時季は梅の甘い香りと小粒の可愛い花で華やかで心躍る景色に變はつてゐる。

君ならで誰にか見せむ梅の花 色をも香をも知る人ぞ知る(古今38春歌上:紀友則)

「あなた以外の誰に見せやうといふのか梅の花、花の色も香りも私達だけのものにしてをきませう」と言ふ感じの歌。こんなこと言つてみたいけど、少し氣障ですね。

よそにのみあはれとぞ見し梅の花 あかぬ色かは折りてなりけり(古今37春歌上:素性法師)

「たゞ遠くにあつて素晴らしいとみてゐた梅の花 人を飽きさせないものだとは折ってみて初めて解つた」と言ふ感じでせうか。上代では花と言へば櫻ではなく梅だつたさうだ。これは古代支那の影響ださうで、遣唐使を廢した後は國風に目覺め、梅から櫻が大いに好まれるやうになつたとのこと。櫻はすぐ散つてしまふ樣が吾々の心を擽つたのかな。確かに櫻も良いが、橘右は梅も好きだな。
最後に伊勢の歌を一首。

春ごとに流るゝ川を花と見て 折られぬ水に袖や濡れなむ(古今44春歌上:伊勢)

「春每に流れる川に花があると見間違へて、(花が)折れなくて水に袖を濡らしてしまうのでせうか」と言ふ感じでせうか。「春ごとに」と言ふので伊勢は每年同じことをしてゐるやうだ。綺麗な淸流に映る梅の花は綺麗だと言ふことは解る。その淸流に映る梅を折つて見たいと言ふのも解る面白い歌だと思つた。梅林に古今集も持つて出掛けると言ふのは良いものだな。

baienjinja01.jpg

baienjinja02.jpg

baienjinja03.jpg

baienjinja04.jpg

baienjinja05.jpg

baienjinja06.jpg

▼傷みが目立つやうになつて來てゐますね。覆屋の中にご本殿があります。
baienjinja07.jpg

baienjinja08.jpg

▼では、梅林のはうでまゐりませう。
baienjinja09.jpg

baienjinja10.jpg

baienjinja11.jpg

baienjinja12.jpg

baienjinja13.jpg

baienjinja14.jpg

baienjinja15.jpg

baienjinja16.jpg

baienjinja17.jpg

▼越生のゆるキャラ「うめりん」
baienjinja18.jpg

▼太田道灌ね、良いね。でも橘右的には畠山重忠のはうが良いな。
baienjinja19.jpg

▼凄い。倒れても花が咲いてゐる。
baienjinja20.jpg

baienjinja21.jpg

▼室町初期の頃の木だとか。凄いな。
baienjinja22.jpg

baienjinja23.jpg

baienjinja24.jpg

baienjinja25.jpg

baienjinja26.jpg

▼梅林のすぐ近くに酒藏がある。
baienjinja27.jpg

▼「越生梅林」と言ふ名の原酒を購入。瓶にこれがついてゐた。サイズがぴつたりで笑へる。
baienjinja28.jpg

2017-03-08

宝登山神社

神日本磐餘彥尊、大山祗神、火產靈神をお祀りするお社で、創建は景行天皇四一年(百十一年)と傳はる。社傳によると、日本武尊が東征の折りに、當社のある山の山頂で遙拜しようとした時の事であるが、ちやうど當社の里宮のご本殿が鎭坐してゐるところで淸淨な泉を發見し、禊を行つた。その後、山頂への路の途中で山火事に遭ひ、周圍を火に圍まれた。その時にどこからともなく山犬が現れ、火に飛び込んで火を消し、山頂まで案內した。これにより、尊は無事に山頂で遙拜することが出來たので、窮地を救つて吳れた山犬に感謝したところ、山犬は忽然と姿を消した。尊は山犬が大山祗神の使ひであつたことを知り、防火守護の爲に火產靈神を拜し、山麓に三柱の神をお祀りするお社を建立したとされる。この時、この山は尊により「火止山」と名付けられた。
現在、ご本殿を圍ふ玉垣の內側に日本武尊が禊した泉があるほか、山頂には奧宮がある。

hodosanjinja01.jpg

hodosanjinja02.jpg

hodosanjinja03.jpg

hodosanjinja04.jpg

hodosanjinja05.jpg

hodosanjinja06.jpg

hodosanjinja07.jpg

hodosanjinja08.jpg

hodosanjinja09.jpg

hodosanjinja10.jpg

hodosanjinja11.jpg

hodosanjinja12.jpg

hodosanjinja13.jpg

hodosanjinja14.jpg

hodosanjinja15.jpg

hodosanjinja16.jpg

hodosanjinja17.jpg

hodosanjinja18.jpg

hodosanjinja19.jpg

hodosanjinja20.jpg

▼こゝからは奥宮です。
hodosanjinja21.jpg

hodosanjinja22.jpg

hodosanjinja23.jpg

hodosanjinja24.jpg

hodosanjinja25.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます