2014-11-11

觀音寺(南山城)

京田辺市にある國寶十一面観音立像を安置するお寺。無檀のお寺ださうだ。
当寺は白鳳弐年(六六弐年)天武天皇の勅願により、義淵僧正が親山寺を開基、天平拾六年(七四四年)聖武天皇の勅願により伽藍を増築し、息長山普賢教法寺(普賢寺)と名前を改め、十一面観音立像を安置した。その後、普賢寺は廃寺になつたが、國寶の十一面観音立像は地元の人に大切に保管され、やがて、当寺が再建されて、動座し今に至るとのこと。現在は、本尊から名前を取り「観音寺」としてゐる。草深い田舎の風景に佇む本堂の中に数奇な運命を辿つた國寶の佛様がいらつしやる。なんとも珍しいお寺である。

IMG_1737.jpg

IMG_1738.jpg

閏長月拾玖日(陰曆) 橘右

2014-10-02

浄瑠璃寺

眞言律宗のお寺で山號を小田原山と稱す。本堂に九體の阿彌陀如來坐像を安置することから九體寺と呼ばれることもあり、古くは西小田原寺と呼ばれたこともあるさうだ。寺號の淨瑠璃は藥師如來の居所たる東方の淨土「東方淨瑠璃世界」に由來する。藥師如來は國寶の三重塔に安置されれゐる。本堂の九體阿彌陀如來坐像は、「觀無量壽經」が說く「九品往生」の考へに基づくものであり、人間は生前の行ひより淨土への行き方が變はると言ふものであり、平等院の鳳凰堂の內部にも繪が描かれてゐる。かつてはこの九體阿彌陀如來を彫ることも珍しくなかたつたやうだが、現在九體全部揃つてゐるのは大變貴重である。勿論、國寶に指定されてゐる。
本堂に入ると大きい阿彌陀如來が九體竝んで安置されてゐるので、息をのむ。正に極樂淨土とはここを指すのかと感ずるほどだ。また、四方を守護する四天王も躍動感溢れる造形で、これまたいつまでも拜んでゐたくなるほどの造りだ。勿論、こちらも國寶であるが、殘念なことに廣目天と多門天が博物館に寄託されてをり、四尊揃つてゐない。
僕がお參りした時は初夏の頃であつたが、境內の池を中心に東に藥師如來が安置されてゐる三重塔が、西には阿彌陀如來坐像が安置されてゐる本堂があり、池の畔を靑々とした靑もみぢが蔽いつくし、正に天國にでもゐるかのやうな名庭園である。
こちらも交通の便が良いとは言へないやうな立地であるが、一生に一度は絕對に行つておきたいお寺である。

本尊:九體阿彌陀如來
駐車場:少しだけある

joruri01.jpg

joruri02.jpg

joruri03.jpg

joruri04.jpg

joruri05.jpg

joruri06.jpg

長月玖日(陰曆)上弦の月 橘右

2014-10-01

蟹満寺

眞言宗のお寺で、山號は普門山と稱す。元々、本尊は觀音菩薩であつたが現在は白鳳期の銅造釋迦如來坐像が本尊である。ちなみにこの銅造釋迦如來坐像は國寶である。いつの頃に本尊が變はつたのだらう。當寺は觀音菩薩が本尊であつたことは、當寺の緣起を見れば明らかであり、それが變はつた記錄がないことは謎であり、現在の本尊は何時ごろ當寺に動坐して來たのかこちらも記錄がなく謎が多いお寺である。
當寺の緣起は今昔物語にも載つてをり、有名な話である。今は昔、山城國に觀音菩薩を篤く崇敬する娘がをり、歸宅途中に村人から食べられやうとしてゐる蟹を助けたことがあつた。それとは別の日に、この娘の父親が川邊で蛙を食らはうとしてゐる蛇がをり、父親は蛇に蛙を放すと娘と結婚させようと言つたところ、蛇は蛙は放し去つてゐつた。悲劇はここから始まる。父親が蛙を助けた日の夜に、衣冠を着けた紳士が現れ晝間の約束を迫つて來た。父親は愚かなことをしたと思ひ後悔するが、蛇はいよいよ閉ざした戶を强く叩くばかりで後悔先に立たずである。晝間の約束を守らないことに腹を立てた蛇は本性を現し、蛇に戾り荒れ狂ふ。その時に平素より觀音菩薩を崇敬してゐる娘は一心不亂に觀音經を唱へてゐると、觀音樣が現れお吿げの殘して去つて行かれた。外が靜かになつたので戶を開けてみると、外には鋏で刻まれた大蛇と無數の蟹の死骸があつた。これを見た娘は蟹の亡骸を弔い觀音菩薩へ感謝するためにお堂を建てた。そのお堂が蟹滿寺とのこと。
僕がお參りした時は、本堂の木材が白く輝いてをり、おそらく建替へをしたのだらう。本堂を上がると、國寶の釋迦如來坐像が安置されてゐる。白鳳期のもので整端なお顏をされてゐる坐像であるが、なんと言つても國寶である。その國寶が間近で拜むことができるのだ、とても感動した。
南山城は當寺のほかにも國寶の佛像が少なくない。多少交通の便が惡いものの、計畫を立て南山城の佛像巡りをしてみるのもよいでせう。

本尊:銅造釋迦如來坐像
駐車場:あり

kaniman01.jpg

kaniman02.jpg

kaniman03.jpg

kaniman04.jpg

kaniman05.jpg

長月捌日(陰曆) 橘右
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます