2014-08-12

平等院

特定の宗派に屬さない單立の寺で、本尊は阿彌陀如來、開基は藤原賴通、山號は朝日山と稱す。
宇治は、殿上人の別莊が多くあり、その中でも光源氏のモデルと言はれる源融が所有してゐた別莊が、のちに藤原道長に渡り、その子(賴道)がお寺に改裝したと傳はる。源融と藤原道長と言へばその接點に源氏物語がある。故にここは宇治拾帖に出て來る朝霧の別業のモデルとも言はれてゐる。
當寺が道長の宇治殿と言ふ別莊からその子である賴道によりお寺に改裝された頃、世は末法の時代と思はれてをり人々は無法が蔓延る終末世界に慄いてゐたやうな頃で、賴道はこの地にせめて夢のやうな世界を夢見て無法世界からほんのひと時でも逃れたいと願つて建立されたさうだ。
そのため、阿彌陀如來坐像を安置する阿彌陀堂(現在では鳳凰堂と呼ばれてゐる)は豪華絢爛そのもので、この世の極樂淨土である。それは、現在でも通じる。平安後期は遣唐使の派遣も止め大いに國風が發展したころだ。我々日本人が感じる美をあらん限り詰め込んだのがこの鳳凰堂である。時を超えて我々日本人が美しいと感じるのは、まあ、當たり前だと思ふ。
今年(平成貳拾六念)は鳳凰堂の修復が終はり、時を超えて創建時の美しい姿を再び見せてくれてゐる。惜しむらくは、鳳凰堂の內部が褪色したままであることだ。個人的には、壁面の雲中供養菩薩像を元の極彩色に戾してほしいな。僕は昔の人が見たその姿そのままを見たい。外裝を直したのだから、中も直して慾しかつたが、外裝だけでも往年の姿に戾つたので、それでよしとしなければ贅澤と言ふものだらう。

本尊:阿彌陀如來
御朱印:あり
御朱印帳:あり
駐車場:有料

byodoin01.jpg

▼阿寺池。阿彌陀堂が映りこむ名池だ。
byodoin02.jpg

▼修復が濟んで往年の姿を見せる阿彌陀堂
byodoin03.jpg

▼手前の蓮の葉を「寺で良くみる葉つぱ」と言つてゐた人を見かけた。
byodoin04.jpg

▼拾圓玉でおなじみの構圖
byodoin05.jpg

▼源三位は以仁王の擧兵後に奮鬪するもここで武運が盡きてしまふ。
byodoin06.jpg

▼源三位の辞世の歌「埋木の 花咲く事も なかりしに 身のなる果は あはれなりける」
byodoin07.jpg

▼國寶の梵鐘の複製。実物は宝物館に収められてゐる
byodoin08.jpg

byodoin.jpg

2014-08-09

三室戶寺

本山修驗宗に屬し、山號を明星山と稱す。祕佛の千手觀音菩薩を本尊とす。創建年は相當古く、寳龜年間(七百七拾年から七百八拾壹年)頃で、開基は光仁天皇だと傳はる。
さて、ここ三室戶寺は、源氏物語に登場する八の宮が深く歸依してゐた宇治山の阿闍梨がゐた山寺であると言はれてゐる。確かに、八の宮の山莊のモデルである宇治上神社もしくは宇治神社からみて近い場所の山寺と言へばここしかない。そのやうな經緯から、本堂脇に浮舟の古蹟と言ふ石碑が建つてゐる。
水無月になると、境內に數多くの紫陽花がその瑞々しい花を一面に咲かせて訪れる人を魅了する。ほんたうに一面紫陽花が咲いてゐて素晴らしい。紫陽花は植ゑられてゐる場所の土質によつて色が變はるさうだ。紫に靑に、桃色に白に、中には靑と紫が混在するやうな紫陽花もあつた。この紫陽花は、薰と匂宮の狹間に搖れて幸薄き人生を儚く過ごした浮舟を慰めるかのやうだ。
紫陽花の咲くころは人でも多く當寺は喧騷に包まれてゐるのは事實だが、それを差し引いても紫陽花園は素晴らしいので水無月にお參りするのが壹番良い時候なんだと思ふ。

本尊:千手觀音菩薩
御朱印:あり
御朱印帳:あり
駐車場:有料

▼雨が多い時期だが、晴天に惠まれた
mimuroto01.jpg

▼紫陽花の時期に人が多いのは仕方がない・・・。
mimuroto02.jpg

mimuroto03.jpg

mimuroto04.jpg

▼本尊
mimuroto05.jpg

▼本尊脇の三重塔
mimuroto06.jpg

▼浮舟の古蹟
mimuroto07.jpg

▼靑に紫にと樣々な色に彩られてゐる
mimuroto08.jpg

▼白色はあまり見たことがない氣がする
mimuroto09.jpg

▼花菖蒲も咲いてゐた
mimuroto10.jpg

▼「そうだ京都、行こう」スタンプ。こちらは、紫陽花ではなく蓮のやうだ。
mimurotodera.jpg

2014-06-17

萬福寺

黃檗宗の總本山で黃檗山と山號を稱す。境內には唐風の建築物が建つてをり、異國情緖をそそる。開山は隱元隆琦で、江戶期に招かれて明から本邦に入國し、當寺を開山した支那人。當時は鎖國政策を執つてゐた頃であり、相當な德がなければ長崎より內側に入ることは出來なかつたと思はれる。隱元は現在の支那人から想像も出來ないほど德のある人物であつたのだらう。
この隱元和尙だが、明よりある物を持ち込んだと傳へられてゐる。勿論、農藥塗れの毒野菜やPM二.五のやうな迷惑極まりないものではない。現在の支那人や朝鮮人ならいざ知らず、隱元は德の高い高僧だ。そんな愚行などしまい。
隱元の名が示す通り、”いんげん”豆だ。隱元豆と人參を豚バラで卷いた肉卷も上手いな。僕の友人にピザ食べ放題の某チェーン店の隱元豆入りカレーが好きな變はり者がゐる。隱元入りカレーの味が變はり物ではなく、彼は面白い人物だ。まあ、その話は當寺とはなんの關係がないのでこの邊で止めておく。
三門を潛ると正面に天王殿が建つてゐる。中に布袋尊が安置されてゐる。丸々とお腹が肥つた布袋樣だ。その周圍の四天王もよく肥えた體型をしてゐた。鐮倉期の日本の佛像は端整で寫實的な物が多いが、このよく肥えた體型は唐風なのだらうか。
境內のお土產屋さんに寫經セットが賣つてゐた。買はうかと思つたが、書き終へたあとのお經つてどうするの?と思つたので、見送つた。買つておけばよかつたと後から後悔した。まあ、それも人生さ。

本尊:釋迦如來
御朱印:あり
御朱印帳:あり
駐車場:有料

▼正面の總門。
IMG_2976.jpg

IMG_2977.jpg

▼三門。
IMG_2978.jpg

▼天王殿。お腹の立派な布袋様が安置されてゐる。これを見れば、腹の肉は徳を積み重ねた証だ。何が悪いのかと言ふ氣になる。
IMG_2981.jpg

IMG_2595.jpg

▼これはハーケンクロイツでない。萬字を裏から寫しただけ。
IMG_2993.jpg

▼さりげなく、「そうだ京都、行こう」のキャンペーンのスタンプを入れてみた。
attachment00.jpg

2014-06-13

酬恩庵

一休宗純が餘生を過ごしたお寺。臨濟宗大德寺派に屬し、山號を靈瑞山と稱す。確か、一休宗純はここで黃昏を迎へたと思ふ。境內に一休の墓所がある。この墓所だが、宮內廳が管理してゐる。一休が後小松天皇の後胤と言ふ說は僕も聞いたことがある。宮內廳が一休の墓所を管理すると言ふことは後胤說を宮內廳が採用してゐるとのことだが、そんなに信憑性の高い話だつたんだつけ。最新の學說を僕が知らないだけからかもしれない。
話は變はり、境內は深綠の美しい時期でもあるが、靑もみぢが靑々として淸淨で觀光客が疎らで靜寂に滿ちており、理想的な場所だ。寺院の經營上は困るだらうが、願はくばこのまま觀光客が疎らなままでゐて慾しいものだ。ちよつと話が逸れるがご勘辨を。
いつも思ふのだが、寺社にお參りしてゐると、最近の若者が鳥居や山門前でお辭儀をし、佛像を見ると靜々と手を合わせ、かうべを垂れる姿をよく見かける。面白いもので、一人や二人で來てゐる若い女性ほど禮儀が確りしてゐるものだ。これが噂の曆女なのかな。寺院で好奇心や向學心を持ちつつも愼ましやかにしてゐる態度は好感をもてるが、ご年配の方々の騷がしさはなんとかならないものか。
戰後の混亂期に靑年期を過ごしたことから、日本古來の美風を學んでゐないのは仕方がないとは思ふが、年齡的にみて率先して禮儀を守らなければならない筈だ。にも拘はらず、櫻や紅葉の季節に最も騷がしく、禮節を守らないのがこの年齡の方々だ。大德寺で寫經をしてゐた時の話だが、御年輩の團體が「うわ、寫經したはるで!へえ~。うわ、ほんまや~、私らには無理や~、ガハハハハ。」つて大きな聲を出し騷いでゐた。おいおい、寫經してゐる人を見てそれはないでせう。心を落ち着かせて一生懸命書いてゐるのだから、そつとしておくのが禮儀ではなからうか。
話が脫線したので元に戾さう。一休宗純には二つ印象がある。一つはテレビアニメでおなじみの頓智が得意で素直で優しい一休さんだ。もう一つは、森侍者を傍におき肉食や女犯をしたり、髑髏を拵えた杖を持つて市內を徘徊したなどとの說話の殘る破天荒な僧侶だ。ここ酬恩庵からは後者の破天荒さは感じられない。方丈から見える庭園は端整で美しく破天荒さが微塵も感じられないものだ。まあ、後に加賀前田藩の寄進を受けてゐたやうなので、その時に大きく造り變へられたのかもしれない。

本尊:釋迦如來
御朱印:あり
御朱印帳:あり
駐車場:有料

IMG_2552.jpg

▼この時期は靑もみぢと苔が美しい。日本に生まれてよかつたと思ふ瞬間だ。
IMG_2934.jpg

▼こちらはTV版の一休さんと言つたところか
IMG_2546.jpg

▼あれ?どこかで聞いたやうな氣がするが。
IMG_2948.jpg

2014-06-05

勸修寺

眞言宗に屬し、醍醐天皇を開祖とする門跡寺。山號を龜甲山と稱す。當寺に由ると「くわじうじ【カジュウジ】」と發音するさうだ。但し周邊の地名は「くわんしうじ【カンシュウジ】」である。讀み方はなかなかむずかしいものだ。
こちらも醍醐寺同樣に應仁の亂などの戰火により建物の多くを燒失してゐるやうで、現存してゐるものは江戶期のものださうである。江戶期のものとして、明正天皇の舊殿を下賜された宸殿がある。宸殿の内部は非公開。
庭園の宸殿そばには水戶光圀が寄贈した燈籠がある。この燈籠は勸修寺型燈籠と言はれるらしい。
氷室池を圍む庭園が美しい。氷室池はその昔、冬にはる氷の厚さで五穀豊穣を占つたと言ふ故事がある。現在の気候では厚い氷がはるやうなことはないと思はれるが、夏に咲く蓮も美しい。僕はぶらぶらと秋及び春に行つたことがあるが、もみぢも櫻もどちらも綺麗だつた。運がよかつただけかもしれないが、もみぢも櫻も醍醐寺のやうに人でいつぱいと言ふ感じでなく、落ち着いて春秋を滿喫できた。当寺は「そうだ京都、行こう」で紹介されてゐるので穴場ではないと思ふが、観光客の不躾な喧噪がないのはありがたい。寺社仏閣にゐるときぐらゐ静かで穏やかに過ごしたいものだ。
餘談だが御朱印は隣接してゐる佛光院にて受付けされてゐるのでお間違へなく。

本尊:千手觀音菩薩
御朱印:あり
御朱印帳:あり
駐車場:あり

▼四季折々の姿を見せる氷室池。早春は櫻、晩春は花菖蒲、夏の朝は睡蓮といつ訪れても何かしらの花が咲いてゐる
IMG_2807.jpg

▼櫻のころもいいな
IMG_2801.jpg

▼もみぢも美しい
IMG_2333.jpg

▼赤く燃ゆる晩秋の空
IMG_1912.jpg

▼この燈籠が勸修寺型燈籠。黄門さんが寄進したとのこと。
komon.jpg

続きを読む

プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます