2017-03-25

伏見長州藩邸址

伏見にあつた長州藩の藩邸址。禁門の變ではこゝから福原元僴が出擊した。禁門の變で敗退した福原は一旦伏見に戾り頽勢を整へやうとしたが、彥根藩等の聯合軍の砲擊に遭ひ燒け落ちた。

fushimicyo01.jpg

fushimicyo02.jpg

fushimicyo03.jpg

fushimicyo04.jpg

fushimicyo05.jpg

2017-03-24

織田信長公塚石

伏見港公園の駐車場にある石で、織田信長の墓石だと言ひ傳へられてゐる。豐臣秀吉が舊主の遺德を偲んで伏見の墓地に廟を造つたさうだ。時が流れ、秀吉の時代が終り、更に時代が過ぎて墓地が畑になつた時にこの石は地に埋まつたが、一九四八年に偶々發見され、それ以來こゝにかうして建つてゐる。
何度か行政等から撤去の要請があつたやうだが、掘り出した方が一切應じず、こゝに建ち續けてゐる。掘り出された方の意思を强さに敬意を表すとともにこの先もこゝに建ち續ける事を願ふ。

nobunagatsuka01.jpg

nobunagatsuka02.jpg

nobunagatsuka03.jpg

nobunagatsuka04.jpg

nobunagatsuka05.jpg

nobunagatsuka06.jpg

nobunagatsuka07.jpg

2017-03-23

古河総合公園の桃まつり

茨城縣古河市にある公園で園內に數多くの桃が植ゑられてをり、この時季になると綺麗な花を咲かせる。
今日は陰曆で二月二三日。あと十日ほど經つと陰曆では三月三日。桃の節句ですね。古河の桃は五分咲きと言つた處かな。まだ少し早い。十日ほど經つと滿開かな。少し遲いかな。

kobamomo01.jpg

kobamomo02.jpg

kobamomo03.jpg

kobamomo04.jpg

▼「ゆきとのくん」。古河のゆるキャラかな。古河で殿と言へば古河公方か土井氏か。
もしかして下河邊行平か?確かに「ゆき」は入つてゐるが、外れ感があるな。
kobamomo05.jpg

▼花桃と菜の花。
kobamomo06.jpg

kobamomo07.jpg

▼數は多くないが椿も咲いてゐる。
kobamomo08.jpg

kobamomo09.jpg

▼こちらの公園内には古河公方の舘址がある。これは堀?そんな譯ないか(笑)
kobamomo10.jpg

kobamomo11.jpg

kobamomo12.jpg

kobamomo13.jpg

kobamomo14.jpg

kobamomo15.jpg

kobamomo16.jpg

kobamomo17.jpg

kobamomo18.jpg

kobamomo19.jpg

kobamomo20.jpg

kobamomo21.jpg

kobamomo22.jpg

2017-03-22

茅ヶ崎の海岸にて

氷室椿庭園から百米も南に行くと海が見える。茅ヶ崎の海岸だ。海岸からゐぼし岩が見えた。なんか歌にあつたな(笑)
この海岸からはゑぼし岩の他、富士山や江ノ島が見えた。春ののどかな海岸のひと時であつた。

chigasaki01_20170319214649d47.jpg

chigasaki02_20170319214651b65.jpg

chigasaki03_20170319214651171.jpg

chigasaki04_20170319214653289.jpg

chigasaki05_20170319214654d28.jpg

chigasaki06_20170319214656893.jpg

chigasaki07_20170319214657b2d.jpg

chigasaki08_201703192146590c8.jpg

chigasaki09_20170319214700d29.jpg

2017-03-21

氷室椿庭園

春ですね。梅、桃、椿と町のあちこちで花が目覺め始めましたね。再び冬の京都旅を一時中斷しまして季節の花へとまゐりませう。

茅ヶ崎にある椿の新名所。三井不動產の元副社長の庭園が茅ヶ崎市へ寄贈されたことにより椿庭園として一般公開された。園內には數多くの椿の他、別莊建築の建物がある。

椿は、數多い古今集の歌のなかで一首も詠まれてゐないと思ふ。春歌や冬歌を探したけどなかつた。椿は新しい時代に支那から渡つて來た譯ではなく、古くから咲いてゐた筈、確か日本書紀の景行天皇の御世で出て來たと思ふ。それほどまでに古くから我が國で咲いてゐたし、茶會などでも好んで用ゐられるし、ちよつと不思議だな。
萬葉集には數首載つてゐた。

吾妹子をはやみ濱風大和なる 吾を待つ椿吹かざるなゆめ

まあ、橘右の駄文はさておき、椿の美しい花の寫眞とまゐりませう。

himurotsubaki01.jpg

himurotsubaki02.jpg

himurotsubaki03.jpg

▼これは椿ではないですよね。花桃かな。
himurotsubaki04.jpg

himurotsubaki06.jpg

himurotsubaki07.jpg

himurotsubaki08.jpg

himurotsubaki09.jpg

himurotsubaki10.jpg

himurotsubaki11.jpg

himurotsubaki12.jpg

himurotsubaki13.jpg

himurotsubaki14.jpg

himurotsubaki15.jpg

himurotsubaki16.jpg

himurotsubaki17.jpg

▼茶室を意識して撮つてみました。
himurotsubaki18.jpg

himurotsubaki19.jpg

himurotsubaki20.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます