2018-04-19

城前寺

さて本日より數囘は仇討で有名な曾我兄弟の所緣の地を梅を見ながら廻つた時のことを書いてみようと思ふ。その前に曾我兄弟の仇討とは?
色々名前が變るのでなか/\に面倒な話ですが、簡單に言ふと曾我祐成と時致と言ふ兄弟が源賴朝主催の冨士の卷狩りで親の徒である工藤祐經を討つたと言ふことです。難しいのは曾我祐成と時致の親の名は河津祐泰で曾我と言ふ名前ではないことと、富士の卷狩りで工藤祐經を討つた後になぜか弟の時致が賴朝の寢所を襲はうとしたことである。
まづ、曾我祐成・時致の兄弟の親が河津と言う姓であると言ふのは、河津祐泰の妻が再婚したからである。再婚先は曾我祐信。曾我梅林のある小田原の曾我に住んでゐた。で、兄弟は曾我祐信の養子となつたので河津ではなく曾我を名乘つた。かう言ふ次第で曾我兄弟が河津祐泰の仇である工藤祐經を討つたと言ふことになつた。
次に曾我兄弟の弟がなぜ源賴朝の寢所を襲はうとしたのか。こちらは諸說入り亂れ定說はないやうだが、河津祐泰の親である伊東祐親と賴朝は多少なりの因緣があるやうだ。源賴朝は平治の亂で敗れ、捕へられたが池禪尼の執成しで死罪を免れ伊豆に流される。流された伊豆で北條時政の娘(政子)と出逢ひ結婚するのだが、その前に伊東祐親が在京中にその娘と通じたさうで、伊東祐親は平氏への體面を考へて賴朝を殺害しようとしたさうだ。こちらは伊東祐親の次男の伊東祐淸の機轉により賴朝は難を逃れた。後年、伊東祐親は所領爭ひをしてゐた工藤祐經に伊豆の奧野の狩場で矢を射かけられ襲はれる。その時に伊東祐親は難を逃れたが嫡男の河津祐泰は流れ矢に當り絕命した。
これだけでは曾我兄弟の弟が賴朝の寢所を襲ふ理由はないが、一說では賴朝はかねてより前述の件で恨みを持つてをり工藤祐經を焚き付けて伊東祐親を殺さうとしたのではといふ疑惑があるさうだ。で、更に付け加へると曾我兄弟の弟の名は時致(ときまさ)で烏帽子親は北條時政。賴朝の興隆を陰ながら面白くないと考へてゐた北條時政が曾我兄弟を密かに養ひ、工藤祐經を討つ振りをして賴朝を亡き者にしようと企んだと言ふ。眞僞のほどは定かではありませんが、曾我時致が賴朝の寢所を襲ふ理由としては引き込まれるものがある說だ。因みに賴朝の死因は不明。賴朝の事を詳しく語つてゐる吾妻鑑では賴朝の死が拔け落ちて語られてゐない。なにか陰謀があつたのでは勘ぐりたくなる。
と言ふのが曾我兄弟の仇討を略したものですが、今日、ご紹介のお寺は城前寺と稱します。城前と言ふ寺號ですが、お城の大手門付近に建てられたからださうでお城は曾我城(と言つても武家屋敷程度のものであつただらう)、さう曾我祐信の居城があつたさうです。さう言ふ因緣でこちらのお寺は曾我兄弟の菩提寺となつた。

jozenji01.jpg

jozenji02.jpg

jozenji03.jpg

jozenji04.jpg

jozenji05.jpg

jozenji06.jpg

jozenji07.jpg

▼「アンパンマンとばいきんまん」と「トロとクロ」。竝びは、さうね。
jozenji08.jpg

2018-04-17

新緑の奥武蔵トレランシリーズ1stもろ山トレラン

四月十五日は、毛呂山で行はれましたスポーツエイドジャパンさん主催のトレイルランニングの大會に出走してきました。スポーツエイドジャパンさんは「新綠の奧武藏トレイルランシリーズ」と稱して四囘の大會を開催しています。1stステージが毛呂山で鐮北湖を中心として一本杉、ユガテ、物見山などを走ります。2ndは飯能アルプスで高麗驛を出てから子ノ權現を經て正丸峠を越えて丸山に到達し、そこから下り武甲溫泉がゴールです。3rdは武甲山を登ります。橫瀨驛を出發して武甲山を登り小持山、大持山を經て再び橫瀨驛に戾るルート。4thは兩神山で、國民宿舍兩神莊を出て兩神山にある兩神神社の奧宮まで行つて歸つてくるルートです。4thは兩神山麓トレランは所用により出走できませんが、1stから3rdはエントリ濟みです。
さて1stとなるもろやまトレラン。先日のハセツネ30kよりは距離が短く24kmで、標高も一本杉邊りが一番高いのかな、ハセツネ30k最高標高が800mくらゐでしたので半分程度と一見すると易しさうに思へるのですが、そんな譯はなかつたです。
まづなんと言つても、雨。前日の豫報は雨でした。當日の朝から雨が降つてをり、「やだなあ」と思つてをりました。靴はグリップ力を重視しinov-8のX-TALONをチョイス。これが失敗の元となるとはこの時には思ひませんでした。さて、十時スタートで九時半から開會式がありました。この頃には旣に雨は止んでをり、このまゝ行けば嬉しいのになと思つてをりますと、大會の委員長の舘山さんがご自身で自分は晴れ男だと仰つてをりました。晴れまでは行きませんでしたが、雨、降らなかつたです。よかつた。
で、スタートし鐮北湖までのロードはしんどい。坂が急。その後、一本杉まで行きますがやはり走りきれない。まだ/\ですね。で、一本杉からカイ立場を經由し獅子ヶ瀧方面からエビガ坂に入ります。下りは多少感覺が摑めたやうな氣がしまして、ハセツネよりは速くなつたと思ひます。思ふだけですけどね。この邊りはハセツネと違ひハイキングで步いたことのある場所ですので、坂があつてもなんとなく終りが見えて氣持ちが樂だつた。エビガ坂を越えてユガテから北向地藏に向かひ、一旦權現堂のはうに進みます。この頃は坂を走れない。もうつらい。なんとか山を越え再び北向地藏まで參りまして、こゝからは下りです。やはり下りはテクニックが上がつて來たかな。
さて、鐮北湖まで下りまして再び坂を登ります。宿谷の瀧から物見山まではほんたうに辛かつた。で、冒頭で申しました靴のチョイスの件はこゝで發生です。宿谷の瀧附近で御叮嚀に表面がつる/\した石のタイルで鋪裝した場所がありました。濡れた石のタイルはX`TALONの深いラグを彈くやうにツル/\と滑る。走ることは言ふに及ばす步けない。こゝが實は一番辛かつたかもしれない。あつ、そんなことないです。こゝから物見山の崖のやうな坂のはうが辛かつた。こんな後殘り少しの所で辛い坂を設定するなんて・・・。
何とか物見山まで登りまして下り基調のトレイルを進み、遂にゴール。いやはや疲れました。雨が降らなかつたのは幸いですが、辛いレースでした。でも、また、來年も出てみたいと思ふコースで樂しかつたです。



▼さあ、開會式に出席です。雨は上がつてきました。
moroyama01.jpg

▼開會式の風景。
moroyama02.jpg

▼さてスタートです。
moroyama03.jpg

▼さあ、トレイルに突入するぞ。
moroyama04.jpg

▼物見山山頂。この手前の坂があまりの急さに寫眞を撮るの忘れました。
moroyama05.jpg

▼ゴール。實際は、勢いよくテープに突つ込みましたので、後から撮影しました。
moroyama06.jpg

▼オレっち、走つたみャ。
IMG_1385_20180416223415835.jpg

▼參加賞ですみャ。
IMG_1387.jpg

2018-04-15

宗我神社

宗我都比古之命、宗我都比女之命、應神天皇、桓武天皇、小澤大明神をお祀りしてゐるお社で、元々は曾我に住む人々が小澤大明神(この神樣はどのやうな神樣が不明)をお祀りしてゐたやうで、後に大和から宗我保慶と言ふ人物が下向、祖先の宗我都比古命と武內宿祢命を祀って社を創建したとされる。このお社には源義家が陸奧守となつて奧州に下向する際にお參りしたと傳はる。その後社殿が燒失したが、仇討で有名な曾我兄弟の養父である祐信により再興された。

sogajinja01.jpg

sogajinja02.jpg

sogajinja03.jpg

sogajinja04.jpg

sogajinja05.jpg

sogajinja06.jpg

sogajinja07.jpg

sogajinja08.jpg

sogajinja09.jpg

2018-04-13

小田原梅まつり

もう櫻も散つてしまひましたね。もうすつかり春めいてまゐりまして、心なしか氣分も晴れやかな感じのする季節となつて來ました。で、本日の投稿のお題は「梅」です。あはゝ、季節感が可笑しい。すみません、訪れたのは二月最後の土曜日。約一か月半ほど前です。西鄕どんの所緣の地巡りの投稿の繫がり等を考へてゐたら、投稿がこの時期になつてしまひました。西鄕どんの所緣の地のシリーズはしばしお休みとしまして梅からの曾我兄弟の話とまゐります。
さて/\、今年の觀梅はJRで國府津までゆき、そこからバスに乘り曾我までまゐりました。
曾我の梅林は會場が三か所もあり面積が廣く、面積が廣いので當然、梅の木の本數も多い梅づくしでした。品種は多種ありましたが全體的には白梅が多い印象です。
季節外れですが、梅の花の寫眞とまゐりませう。

sogabairin01.jpg

sogabairin02.jpg

sogabairin03.jpg

sogabairin04.jpg

▼由緒などが書いてありませんでしたので詳細は不明ですが、八幡神社ですので曽我氏となにか縁でもあるのでせうか。
sogabairin05.jpg

sogabairin06.jpg

sogabairin07.jpg

sogabairin08.jpg

sogabairin09.jpg

sogabairin10.jpg

sogabairin11.jpg

sogabairin12.jpg

sogabairin13.jpg

sogabairin14.jpg

sogabairin15.jpg

2018-04-11

雉岡城址

武藏國兒玉郡八幡山にあつた中世の城の址。山內上杉氏の居城であつたが地形的に狹く家臣をこゝに入れて上杉氏は別の場所に移つたとのこと。ちやうどこの邊りは兒玉黨の本據になつてをり、鐮倉街道の上つ道が通つてゐた場所。鐮倉時代には武家屋敷程度の建物があつたとも言はれてゐるやうで、兒玉氏が屋敷を築いてゐたのかもしれない。江戶時代初期の頃に旣に廢城となつたさうだが、大手門や馬出し附近の遺構は良く殘つてゐる。ほんたうは城全體の遺構は近年まで殘つてゐたのかもしれないが、現在は學校で本丸などの大半が潰されてしまつた。
訪れた時は千本櫻を見に行つた歸り。櫻が滿開で綺麗であつた。

kijiokajo01.jpg

kijiokajo02.jpg

kijiokajo03.jpg

kijiokajo04.jpg

kijiokajo05.jpg

kijiokajo06.jpg

kijiokajo07.jpg

kijiokajo08.jpg

kijiokajo09.jpg

kijiokajo10.jpg

kijiokajo11.jpg

kijiokajo12.jpg

kijiokajo13.jpg

▼現在殘つてゐるのはこの馬出し部分のみ。
kijiokajo14.jpg

▼あゝ、學校が・・・。
kijiokajo15.jpg

▼この人は誰さんですか二ャ?
kijiokajo16.jpg

▼櫻の兒玉廻りもお仕舞。さあ、八高線に乘つて歸るみャ。
kijiokajo17.jpg

▼おつ、來た來た來たみャ♪
kijiokajo18.jpg

kijiokajo19.jpg

kijiokajo20.jpg

kijiokajo21.jpg

▼八高線、キターーーーーーー♪
kijiokajo22.jpg
プロフィール

橘右近大夫

Author:橘右近大夫
畿內の寺社佛閣を中心に、おでかけトロ&クロとお參りしたときの旅日記を綴つてゐます。

旅日記の外に、日頃思ふことなどを書くことがあります。
あくまでも個人的な日記であり、專門的・學術的な正確さを擔保するものではありません。

漢字は正字(康熙字典體)にて書かうとしてをります。どのやうな環境でも讀めるやうに氣を附けてをりますが、環境により漢字が表示されない場合があります。
假名遣ひについて、原文を引用する以外は歷史的假名遣ひで書きます。

※ご意見、ご指摘は建設的、友好的なものに限り受け付けます。建設的友好的なコメントは更新の勵みになりますので、よろしくお願ひします。
但し、間違ひを指摘し、批難するだけのコメントは承認致しませんので、ご諒承ください。しつこいと投稿禁止や閲覧禁止をする場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    御訪問ありがたうございます